3Dプリンタでビーダマンを自作してみた! 本家に負けない高速連射に、狙いを定めるレーザーライトまで搭載したガチ性能に「市販できそうな完成度」の声

ニコニコニュース / 2020年5月2日 17時0分

 今回紹介するのは、いっせいさん投稿の『3Dプリンタでオリジナルビーダマン作ってみた』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

3Dプリンタを使ってオリジナルビーダマンを作成しました。
スーパービーダマンだとガンマが好きです。


 1993年に発売されたビー玉を発射するおもちゃ「ビーダマン」。腹部にセットされたビー玉が飛び出るという仕組みで、小さい頃に夢中になった方も多いのではないでしょうか。

 今回は連射タイプのビーダマンを3Dプリンタで作っていきます。ざっくりとした仕様は以下のとおりです。

 完成図面や考慮したポイントは以下のようになっています。耐久性を考慮したバネ式ホールドパーツや、ホールド力の強化のためにウイングとホールドパーツにバネを使用しています。

 ビー玉の発射をなめらかにするためにベアリングを仕込んだり、狙いを定めやすくするためにレーザーサイトを実装しています。

 いよいよこれを3Dプリンタ出力していきます。細かい部分までしっかりと設計がされていたため、完成度もかなり高いものになっています。

 肝心のビー玉はどのくらいのスピードで発射されるのでしょうか。実際に計測してみると、平均で14.79km/hという、ちょうど良い結果になりました。

 乱射で試し打ちをしてみると、ビー玉がバンバン飛んでいきます。

 ブロックも一発で崩壊! これは気持ちいい!

 また、レーザーサイトのおかげで、狙いも定めやすくなっています。

 開発コストは12000円程度で、製作期間は1ヶ月半という期間ながらも、本家に負けず劣らずのビーダマンが完成しました。実際に撃って遊べてブロックを崩していく様は、見ているだけで爽快ですね。実際の制作過程や射撃の様子は、ぜひ動画をご覧ください。


▼動画はこちらから視聴できます▼

3Dプリンタでオリジナルビーダマン作ってみた

―あわせて読みたい―

『ガンダム』ペットボトルを撃ちだせるハイパーバズーカを作ってみた! 5kgを超える重厚な出来映え

スナイパーライフルで100均おもちゃを撃ってみた! “対象年齢18才以上”の性能で次々と標的を撃ち抜く様子に「ですよねー」「知ってた」の声

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング