熊本県「中通古墳群」を空から眺めてみた! “古墳萌え”を起こすドローンの映像に「確かにかわいい」「新感覚で楽しかった」の声

ニコニコニュース / 2021年1月11日 11時0分

 今回紹介したいのは、天ヲタさんが投稿した『~古墳萌え~空から眺める古墳群【癒し系空撮】』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

熊本県阿蘇市にある、中通古墳群を撮影しました。田んぼの中に散在するため、稲刈りが終わるのを待って出かけました。地上からは盛り土にしか見えない古墳も、空から見るとよく分かります。
★なぜ中通古墳群が残っているのか・・・うp主の想像ですが、近くにある阿蘇神社は古事記にもつながる大社で、古墳の被葬者である阿蘇氏を祀ってあります。阿蘇神社の宮司は阿蘇氏の末裔とも言われ、現在の信者も1万人程で、昔から地元には多くの氏子が居たはずです。自ら信仰する神社の祖先が眠る古墳を、破壊することはできなかったのではないか、と推測するのです。


 熊本県阿蘇市にある中通古墳群を、投稿者の天ヲタさんが撮影しました。

 大小合わせて10ある古墳群を、ドローンで様々な角度からとらえます。

 まずは車塚A号古墳。その形状は円墳です。

 古墳の横から伸びた樹木がアホ毛を連想して可愛いという天ヲタさんの言葉に、「たしかにかわいいw」と賛同者が現れます。

 上空からみた古墳。稲刈りが終わるのを待って来た甲斐があり、その形状が見やすいですね。

 すぐお隣にはこの古墳群で一番小さい車塚B号古墳があります。

 空を進むと、均整のとれた入道塚古墳が見えてきました。

 まんまるでこんもりとした、高さもちょうどいい円墳です。

 お次は墳墓の上に墓地のある勝負塚古墳。

 墳頂に石碑があったので登ってみた天ヲタさん。小さな祠とお地蔵さんを見つけました。

 今度はこんもりとした山が2つ。

 前方後円墳の上鞍掛塚A号古墳です。古墳と聞いてイメージする形ですね。

 中通古墳群において一番の“推し墳”だそうです。

 その後も古墳をドローンで巡りますが、共通しているのは雑草が焼かれていること。これは害虫の発生や樹木で覆われるのを防ぐためだとか。

 最後はこの古墳群の中で一番の大きさを誇る前方後円墳である長目塚古墳。

 しかし前方部が途切れてありません。治水工事のため無くなったようです。

 副葬品なども見つかったというこの古墳について思いを巡らせた投稿者さんは……

 フォトショで再現。その熱意に、視聴者から「これは力作、すばらしい」「お見事」の声が上がります。

 もくもくと噴煙を上げる阿蘇山を背景に眺める中通古墳群。阿蘇はどの季節も素晴らしいとのこと。

 これらの古墳群は、ドローンがなくとも小嵐山と呼ばれる展望台に登ることで一望することができます。

視聴者のコメント

・たしかにかわいいw
・なんとも素敵な風景
・のどかだ~
・お見事
・良き時間をありがとう
・新感覚で楽しかったです

▼動画はこちらから視聴できます▼

~古墳萌え~空から眺める古墳群【癒し系空撮】

―あわせて読みたい―

ドローンが捉えた秋色の渓谷… 岩壁の柱状節理と澄み渡る清流に「空飛んでるみたい!」「いきなり美しい!」の歓声

これが本当のポンポコ山? 史跡“いたすけ古墳”で日向ぼっこするタヌキ達の平和すぎる光景に「いい風景」「まさに墓守りタヌキ」の声

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング