1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. ネットトレンド

足が12本の「折り鶴」を作ってみた!? 制作時間40分の作品をご覧あれ!

ニコニコニュース / 2021年7月6日 22時30分

 今回紹介するのは、変な折り紙チャンネルさん投稿の『【解説付き】足が12本生えた鶴を折ってみた』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

動画の内容や分かりにくいところなど改善点があればコメントしていただけるとありがたいです!


 主に正方形の紙を折りたたんで様々な形を作る日本伝統の遊び「折り紙」。
 その作品でメジャーなものと言えば、「鶴」を思い浮かべる人は多いはず。人によっては、鶴作りで挫折した人も多いのではないでしょうか。

 そんな折り紙の鶴の難易度を予想外の方向に折り曲げた人物が現れました。変な折り紙チャンネルさんが、鶴の足を12本にして折る動画を投稿しました。

 初めは普通に折り紙を折っていきます。

 しかし、いつもの鶴では折らないような部分もどんどん折り進めていきます。

 気づけば、折り紙の織り込んだ部分が無数になっています。

 さらに細かく折っていきます。全て折ったら形を作っていきます。

 微調整を行ないながら、細かく折り込んでいきます。

 黙々と作業する変な折り紙チャンネルさん。気付けば、少しずつ足が増えているのが分かります。

 さらに増えていく足。この画像を見ただけでは鶴を折っているとは想像できません。

  ようやく足が12本出来上がりました!

 くるっと回転すれば、見事12本の足を持つ折り鶴が完成しました。上部分は鶴、下部分は足が12本という形は圧巻です。

 今回はダイジェストでお送りしているので、ちょっと難しい程度かなと思われる方もいるかもしれませんが、この「折り鶴」の制作動画の再生時間はなんと「41分31秒」という、あまりにも長い時間となっています。それ故にこの折り鶴の凄まじさがお分かりいただけたかと思います。

 そんな12本足の折り鶴をもっと見たい方は、ぜひ動画をご視聴ください。


▼動画はこちらから視聴できます▼

【解説付き】足が12本生えた鶴を折ってみた

―あわせて読みたい―

これぞアイマス愛! 765プロのレザータグを完全自作する猛者あらわる。裁断から染色まで全行程を春香フィギュアと共同作業

音声ソフト『小春六花』胸像フィギュアを作ってみた! 細部までこだわった出来映えに「尋常じゃないほどすごい」「よく分からないけど凄い」など反響

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング