エーザイ、米国で認知症領域の開発品に関するデータを発表

認知症ねっと / 2018年7月25日 10時0分

写真

アルツハイマー病/認知症パイプラインに関する最新データ

エーザイ株式会社(東京都文京区)は、7月22日から26日まで米シカゴで開催されているアルツハイマー病協会国際会議において、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」の臨床試験および経口βサイト切断酵素(BACE)阻害剤「elenbecestat」の臨床試験結果に加え、抗Aβ抗体「aducanumab」をはじめとする当社のアルツハイマー病/認知症パイプラインに関する最新データについて、合計13演題の発表を行います。

「BAN2401」については、既に公表されたとおり、早期アルツハイマー病(軽度認知障害から軽度アルツハイマー病)を対象とした201試験の結果について口頭発表を予定しています。本試験については、進行抑制およびバイオマーカーエンドポイントであるアミロイドPETによる脳内アミロイド蓄積量減少を統計学的有意差をもって達成したことを今月6日に公表しています。本試験は、臨床症状および脳内Aβ蓄積の両エンドポイントで疾患修飾効果を世界で初めて後期臨床試験で実証した試験となります。

なお、「BAN2401」、「elenbecestat」および「aducanumab」について、バイオジェン・インク(米国マサチューセッツ州)と共同で開発されています。また、本発表はウェブキャストによりライブ配信される予定です。ライブ配信には、エーザイコーポレートサイトの下記URLよりアクセスが可能です。

(画像はイメージです)

アルツハイマー病協会国際会議2018(AAIC2018)においてエーザイのアルツハイマー病/認知症領域の開発品に関する最新データを発表

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング