サン・クロレラの健康新提案、「oneness(R)(ワンネス)」発売

認知症ねっと / 2018年7月29日 10時0分

写真

クロレラ飲用とITを組み合わせた端末

株式会社サン・クロレラ(京都市)は、同社のクロレラ健康飲料を中心とした飲用通知設定や認知機能活性化トレーニング、コンシェルジュとの通話などのサービスが利用できる端末、「oneness(R)(ワンネス)」を発売しました。

「oneness(R)(ワンネス)」は、サン・クロレラが提案する“安心と思いやり”の生活サポートです。専用のタブレットとディスペンサーを使いやすいようにセットし、月極めでレンタル。「飲用サポート機能」、「認知機能活性化トレーニング機能」、「見守り通知」、「サン・クロレラ コンシェルジュ」、4つのサポート機能を備えています。

飲用サポートから、認知機能活性化、見守り通知まで

「飲用サポート機能」では、毎日決まった時間と飲用量を登録するだけで、同じ時間、同じ飲用量が自動で用意されます。「認知機能活性化トレーニング機能」は、認知トレーニングの分野で高い評価を受けるSMS社と連携し、「oneness(R)」限定の認知トレーニングカリキュラムを実施。自宅にいながらにして楽しく、考える訓練ができます。「見守り通知」は、一度設定すると毎日、飲用のたびに見守り相手にメールが届きます。

クロレラの飲用を核に、認知症トレーニングや見守り機能を備えた本端末のレンタル料は、月額3,700円(税別)です。詳しくは下記ワンネス専用ページをご覧ください。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

サン・クロレラが開発した!時代が求めるハイブリッドなサービス “oneness(R)(ワンネス)”7月23日スタート!飲み忘れ防止・認知症予防・健康維持・見守りと、複合的な サービスがワンストップで!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング