「家族みんなで 無くそう逆走」啓発イベント開催される

認知症ねっと / 2018年11月30日 10時0分

写真

逆走防止のための3つのアクションと「スマヌ法」体験

NEXCO東日本(東京都千代田区)は、高速道路の逆走防止を呼びかける「家族みんなで 無くそう逆走」プロジェクトの一環として、11月18日「家族の日」に東京湾アクアライン 海ほたるパーキングエリア内にて啓発イベントを開催しました。秋の晴れ渡った「海ほたる」に、アニマル浜口さんの「ワハハ、ワハハ、ワハハ!」の笑い声が響き渡る楽しいイベントとなりました。

ゲストに仲良し家族として有名なアニマル浜口親子(アニマル浜口さん、浜口初枝さん、浜口京子さん)と、NEXCO東日本CMキャラクター新井恵理那さんをお迎えし、高齢ドライバーと家族が一緒にできる「家族みんなで 無くそう逆走」3つのアクション(①家族みんなで逆走を知ろう ②家族みんなでチェックしよう ③家族みんなを逆走から守ろう)を呼びかけました。

体験が行われた「スマヌ法」は、軽度認知障害(MCI)の早期発見を目指し考えられたものです。総合的な認知機能や運動能力を必要する車の運転能力をチェックする方法としても活用できます。H23〜29年国土交通省の調べによれば、逆走の66%が65歳以上、75歳以上は45%にも上っています。内閣府は「高齢化の進展や,認知症問題の顕在化といった社会状況の下,高速道路での逆走事故の撲滅には至っていない」と認知症との関連を指摘しています。

「スマヌ法」のやり方は非常に簡単で、親子はもとより、お孫さんと祖父母が一緒にやっていただくことも可能です。まず、カタカナの「ス」、「マ」、「ヌ」のどれか一文字を指で背中一杯に大きく書いてもらいます。その書かれた一文字が、どのカタカナであったのかを回答することで、皮膚感覚をキャッチする脳力の衰えのチェックができます。

(画像は公式サイトより)

「家族みんなで 無くそう逆走」公式サイト

認知症ねっと

トピックスRSS

ランキング