カサカサしていた耳垢が最近しっとり。これって、体質変化から来てるの?

ニッポン放送 NEWS ONLINE / 2020年10月19日 17時25分

写真

「耳垢の変化」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」(10月14日放送)で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『30代のころはカサカサしていた耳垢が、最近しっとり。体質が変わって来たとか、年齢的なものなのでしょうか?』に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

「日本人はカサカサしたタイプの耳垢である、乾性耳垢が7~8割と言われており、耳垢のタイプが途中で変わることはないと考えられています。

カサカサしていた耳垢が、最近しっとりして来たと言うならば、耳に何らかの病気を発症しているか、外的な要因で湿っていると考えた方がよさそうです。

中耳炎や外耳炎などの病気で、耳のなかに炎症が起こると、その症状として『耳垂れ』と言われる膿が出て来ることがあります。耳垢自体が湿っているわけではないのですが、結果としてしっとりしていると感じられるようですので、耳鼻咽喉科などを受診することをお勧めします。

また、病気ではないのですが、耳かきをしすぎて傷ができ、傷口から液が出て耳垢に混ざる場合もあります。また、水泳や入浴で耳のなかに水が混じった場合や、運動のあとの汗によって耳垢が湿る場合などにも、耳垢がしっとりしていると感じられるかも知れません。

ですから、カサカサの耳垢がジトジトの耳垢に変わるということはないでしょう」

協力:医療ジャーナリスト・森まどか
監修:日本健診財団

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング