「有吉のプライド傷つくかも」ナイナイ矢部、有吉弘行に“ご馳走”した動機を明かす

ニッポン放送 NEWS ONLINE / 2020年11月6日 1時44分

写真

11月5日(木)深夜に放送された、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史と矢部浩之がパーソナリティを務めるラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送・毎週木曜25時~)で、矢部がプライベートで訪れた寿司屋にて有吉弘行を含む芸人一行と遭遇。食事を奢った際のエピソードが披露された。

矢部浩之

矢部浩之

矢部は家族で訪れた寿司屋で有吉の一行と遭遇。有吉は、お笑いトリオ・我が家の坪倉由幸、そして、矢部が知らない若手芸人を連れ3人で来店していたという。席が遠いこともあり密に言葉を交わす事は無く「どうも」とあいさつしただけだったが、お会計の際に3人の食事代を支払ったという。

実はこのエピソードは10月25日に放送された、有吉弘行がパーソナリティを務めるラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系 毎週日曜20:00~)で、有吉の口から既に語られているもの。“共演する機会が無く、お礼を言うタイミングない”という同番組内での発言は一部ニュースサイトでニュース記事化された。

矢部も記事には目は通していたようで“ラジオで喋ってくれたこと自体がお礼なので気を遣わなくていい”と前置きしつつ、当時の“本当の気持ち”を語った。

矢部:言わなくてもいいことやけど、ひょっとしたら有吉、プライド傷つくかもしれへんけど。俺の意識としては坪倉に奢ったつもりやったんよ。

曰く、矢部が奢った対象の相手は3人の中で一番キャリアがありすでに芸能界でポジションを築いている有吉ではなく、番組での共演経験が多い坪倉、さらに、これからの活躍が期待される同席の若手芸人に向けてのもので「頑張って」というニュアンスを込めたものだったそうだ。

矢部浩之、岡村隆史

矢部浩之、岡村隆史

「芸能人に食事を奢った話」として、矢部は、つい最近、元タレントの木下優樹菜さん、木下さんの元夫でお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史と行きつけの焼き肉店で遭遇した話も披露。娘の誕生日を祝う2人の様子は、矢部の眼には“(元夫婦ではあるが)違和感の無いないファミリー”に映ったそうだ。

その際、矢部は「こんな機会もないから」と2人の娘へのプレゼントとして食事代を負担することを申し出たそうで、藤本から「俺が先輩やし」といったん断られたそうだが、結局は「矢部がそこまで言うのなら」と“奢り”を受け入れてもらえたという。

岡村隆史

岡村隆史

関係性のある芸人同士だから成立する“プライベートでのコントのノリを含んだやり取り”を披露した矢部に岡村は、

岡村:会うときは会うからな

矢部:(そういうときの対応は)難しいな

「食事の席で芸能人と遭遇した際の対応の難しさについて」コンビでは同じ意見のようだった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング