河井案里議員の議員辞職により広島3区で「自公のバーターが成立か」

ニッポン放送 NEWS ONLINE / 2021年2月4日 11時35分

写真

参院・経済産業委員会に臨む自民党・河井案里参議院議員=10日午前、国会・参院第21委員会室

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月4日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。公職選挙法違反の罪で有罪判決を受けた河井案里参議院議員が議員辞職したニュースについて解説した。

参院・経済産業委員会に臨む自民党・河井案里参議院議員=2020年3月10日午前、国会・参院第21委員会室 写真提供:産経新聞社

河井案里議員が議員辞職~公職選挙法違反で有罪確定へ

2019年7月の参議院選挙をめぐって、県議らに現金などを渡したとして、公職選挙法違反の罪で有罪判決を受けた河井案里参議院議員は2月3日、辞職願を提出し、参院本会議で許可された。これに伴い、参議院広島選挙区補欠選挙が4月25日投開票の日程で行われることとなる。

飯田)河井被告は3日、控訴しないと声明を発表しており、有罪が確定する運びということになりますが、広島の選挙がどうなるか。

鈴木)「もっと早く辞職すべきだったのではないか」という声が圧倒的に多いです。その間、給料が払われていたことなど、道義的なものも含めていろいろな問題がありますが、それは置いておいて、これによって補欠選挙が行われるわけです。

飯田)そうですよね。

鈴木)衆議院の北海道、それから長野の参議院、そして広島という3つの国政選挙がある。これは菅政権にとって初めての国政選挙になり、決していまはよい状況ではなく、逆風のなかでの選挙となります。この結果が総選挙、政権に直結して来るだろうということです。

参院選、違法報酬疑いで広島地検が事務所捜索を受け報道陣の取材に応じる河井案里氏=2020年1月15日午後、東京都千代田区 写真提供:産経新聞社

参議院補欠選挙により、自公の広島3区衆議院の候補者問題がバーターで決着か

鈴木)ちょうど取材をしているところですが、広島は3区の衆議院、ここは河井さんのご主人である河井克行被告のところに、公明党から斉藤鉄夫さんという政策通の人ですけれど、この人が出ると決めたのです。しかし、自民党の広島県連は「なぜ公明党が出て来るんだ」と。公明党に言わせると、「河井被告がそんな事件を起こして、自民党がまた出るのか。冗談ではない。ここは連立与党としてうちが出る」と揉めていたのですが、今度、この参議院の補欠選挙があるということで、バーターとして、斉藤さんが出る3区のところは、地元の自民党県連が「いやいや、公明党なんか」とやっていたけれども。

飯田)公募で候補者を決めるという話も。

鈴木)「そこは、公明党を応援しましょう」と。その代わり「参議院の案里被告の後の補選は、公明党が自民党を応援しましょう」という、ある種のバーターのような形になって、広島3区問題はもしかしたら落ち着くかも知れません。

飯田)広島3区の話が先に出ました。自民党も広島県連が選んだ候補の人を比例に回すということになって、広島3区は公明党で与党は行くということが、2日か3日辺りに出ていましたよね。

鈴木)党本部レベルではそのようになっているけれど、地元の自民党の広島県連はそれですぐ「わかりました」とはなりません。ここが協力しないと、公明党の斉藤さんも勝てないわけです。「地元のゴタゴタが残っているね」というところに、案里被告の辞職ということになったので、「では、そちらは公明党が自民党を応援する」、「そうやってくれるなら3区は公明党を応援しましょう」と、地元でのある種のバーターのようなものができるのです。

安倍晋三首相へ辞表を提出し、記者団の質問に答える河井克行法務相=2019年10月31日午前、首相官邸 写真提供:産経新聞社

いまの自民党に厳しい有権者~無党派層がどう動くか

鈴木)ただ、これは組織的に見たところからの解説であり、取材ですので、無党派層がどのように反応するかわかりません。有権者はいまの自民党に対してものすごく厳しいでしょう。最近の地方選挙では、ほとんどのところで自民党は苦戦しています。有権者そのものはいまの自民党政権に批判がある。だから、組織論で行くと、うまくバーターになるかも知れませんが、実際にどうなのかということはわかりません。厳しい評価があるかも知れませんよ。

飯田)逆に言うと、そういう手打ちで「なあなあじゃないかよ」と見みえてしまうかも知れませんね。

鈴木)無党派が大きく動いてね。コロナで投票に行かないのではないかと、投票率を気にする人が多いではないですか。でも、意外と地方選挙はみんな工夫して、期日前に行っています。有権者の意識が高いので、それほど投票率も下がらないというなかで、自民党・公明党には厳しい選挙になるかも知れません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング