1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

柔道“金”ウルフ・アロン「つらい時期も僕のことを信じてくれた」一番の理解者への感謝を語る

ニッポン放送 NEWS ONLINE / 2021年9月2日 16時10分

写真

東京2020オリンピック・柔道男子100キロ級でシドニー五輪の井上康生以来21年ぶりの金メダルを獲得したウルフ・アロン選手が9月2日、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。メダル獲得を支えた大切な人への感謝の気持ちを語った。

【東京五輪2020 柔道】〈男子100kg級 決勝〉 金メダルを獲得したウルフ・アロン(左)。趙グハムはウルフをたたえ、手を挙げた =29日、日本武道館

ニッポン放送 『垣花正 あなたとハッピー!』(月~木曜日 8時~11時30分 生放送)

東京2020オリンピックで史上最多となる58個のメダルを獲得(金27、銀14、銅17)した日本。オリンピックという大舞台で勝ち得たメダルの裏側には多くの支えがあった。8月30日から9月9日までの『垣花正 あなたとハッピー!』では、メダリストが連日登場し、“メダリストが贈る ありがとうのメダル“と題して、それぞれが想う大切な人への感謝の気持ちを打ち明けている。

「一番感謝をしているのは、一緒に戦ったトレーナーの前村さん」と打ち明けたのは、9月2日(木)に登場したウルフ・アロン選手。

トレーナーの前村良佑氏は、東海大学付属浦安高等学校柔道部の7つ上の先輩で、ウルフ・アロン選手の高校時代、柔道部にトレーナーとして戻り、それ以来10年間共に歩んできた。2013年9月7日、2020年東京大会の開催が決まった時、ウルフアロン選手は高校3年生。そのとき前村氏に「東京オリンピックに出るからトレーナやってくれ!」と頼んだ。「高校生のお願いなんて真に受ける人はいないと思っていた」と当時を振り返り、「丸10年サポートしてくれて今回も一緒に戦い優勝するこができた」と感謝の気持ちを語った。

そして、「トレーナーでもあるし、一番の僕の理解者、良き友達でもある」と前村氏への信頼の厚さを打ち明けたウルフ・アロン選手。怪我が続いたときも、またそれを乗り越えるときもいつもそばで見てくれていたと言い「つらい時期も僕のことを信じてくれたし、一緒に乗り越えることができた」と前村氏への特別な想いを明かした。

垣花正、ウルフ・アロン

垣花正、ウルフ・アロン

オリンピック期間中も、マッサージで体をほぐし心身を支えてくれ、メダル獲得の後は前村氏に金メダルをかけてあげることができて「とてもうれしかった」と笑顔だった。

最後に、10年苦難を一緒に乗り越えてきた前村氏へ「今までありがとう、ここで終わりじゃないから、これからもよろしく!」と、今後も良き伴走者として一緒に戦っていきたいと強いメッセージを送った。

<番組概要>
■番組タイトル:ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』
■放送日時:9月2日(火)午前8時~11時30分
■パーソナリティ:垣花正
■アシスタント:熊谷実帆アナウンサー
■番組メールアドレス:happy@1242.com
■番組ハッシュタグ:#happy1242

◆この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができる。
https://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20210902080000

★『垣花正 あなたとハッピー!』には、メダリストが連日登場
9月6日(月) 上野由岐子選手【ソフトボール】
9月7日(火) 山崎康晃選手【野球】
9月8日(水) 水谷 隼選手【卓球】
9月9日(木) 村上茉愛選手【体操】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング