1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

「日本版DBS」骨子案が判明 「ようやくか……人権より子供を守れ」辛坊治郎が指摘

ニッポン放送 NEWS ONLINE / 2024年2月21日 16時40分

写真

キャスターの辛坊治郎が2月21日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が同日、子供と接する仕事に就く人の性犯罪歴の有無を確認する「日本版DBS」制度に関し、性犯罪歴の照会期間を、刑を終えてから「20年」などとする方向で調整に入ったことを巡り、「ようやくか……という感覚だ。人権よりも子供たちをどう守るかという視点を失わないでほしい」と指摘した。

記者会見する加藤こども政策相=2023年10月6日午前、東京都千代田区 写真提供:共同通信社

記者会見する加藤こども政策相=2023年10月6日午前、東京都千代田区 写真提供:共同通信社

子供と接する職場で働く人に性犯罪歴がないかを確認する新制度「日本版DBS」の創設に向け、こども家庭庁がまとめた法案の骨子案が判明した。性犯罪歴を照会できる期間について、禁錮以上の刑を終えてから「20年」、罰金以下は「10年」とする。また、骨子案では学校や保育所は確認を義務化。学習塾やスポーツクラブなどの事業者の利用は任意とする。

辛坊)ようやくか……という感覚です。過去に性犯罪歴がある人間が子供の通っている施設で先生をしているなんて、あり得ません。でも今は、それができてしまいます。

まだ骨子案の段階で、法律ができたわけではありませんが。必ず人権上の問題を指摘する意見が出てくると思いますが、人権よりも子供たちをどう守るかという視点を失わないでほしいです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください