1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

「途中で船が転覆した」手こぎボートで出航 27キロ漂流 3日ぶり生還 沖縄・瀬長島から渡嘉敷島へ

沖縄タイムス+プラス / 2023年12月7日 7時45分

(資料写真)豊見城市の瀬長島=2016年撮影

 沖縄県豊見城市瀬長島から手こぎボートで出航して行方不明になっていた70代の男性=那覇市=が6日午前9時10分ごろ、3日ぶりに約27キロ離れた渡嘉敷島の海岸で発見された。ダイビング船の乗組員が男性を救助した。

 那覇海上保安本部によると、男性は命に別条はなく、大きなけがもないという。男性は「天候悪化のため帰れなくなり、途中で船が転覆した」と話しているという。

 那覇海保によると、男性は3日、豊見城市瀬長島沖合で素潜りのため1人で2~3人乗りの手こぎボートに乗り出航した。5日正午ごろに男性の友人から「出航した人が帰ってこない」と118番通報があり、那覇海保や豊見城署が捜索していた。通報があった当時、豊見城市には波浪注意報警報が発令されていた。

 6日朝、渡嘉敷島の沿岸でウエットスーツを着た男性がダイビング船を見て救助を求めたという。

 那覇海保が事故原因を詳しく調べている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください