ビースティ・ボーイズのアダム・ヤウクが逝去 47歳

okmusic UP's / 2012年5月5日 14時0分

ビースティ・ボーイズのアダム・ヤウクが逝去 (c)Listen Japan(okmusic UP's)

ビースティ・ボーイズのアダム・ヤウクが、5月4日ニューヨークで亡くなった。47歳。2009年に耳下線腫瘍と診断され一時活動を休止、その後経過は良好と伝えられていたが、再び体調を壊し、先月の「ロックの殿堂」表彰式にも欠席していた。
昨年“レコード店の祭典”での売上げ全てを東日本大震災の義援金として寄付していたビースティー・ボーイズ

ビースティー・ボーイズがメジャーでのキャリアをスタートしたデフ・ジャムが運営するサイト“Global Grind”が「我々のヒーローの一人、MCAことアダム・ヤウク、癌との闘病生活の末、亡くなりました。」と第一報を報じ、

その後グループオフィシャルも
「悲しいお知らせです、ミュージシャン、ラッパー、活動家、ディレクター、ビースティ・ボーイズの創設メンバー、アダム・“MCA”・ヤウク、またチベタン・フリーダム・コンサートを主催したミラレパ基金の設立、映画配給会社オシロスコープ・ラボラトリーズの創業者が、今朝、地元のニューヨークシティで3年近い癌との闘病の末亡くなりました。47歳でした。」と彼の功績を振り返る追悼文を公表。

2009年7月に左耳に腫瘍が見つかり即摘出手術を行ったアダム。昨年2011年にはビースティ・ボーイズ名義での復活アルバム『ホット・ソース・コミッティー・パート2』を発表するなど、病状は回復に向かっていると伝えられていたが、先月開催された「ロックの殿堂」のセレモニーにも体調不良を理由に欠席していた。

ヒップホップ黎明期から活動する重要なグループ・ビースティ・ボーイズのリーダー的存在として知られたMCAことアダム・ヤウク。
1981年にビースティ・ボーイズを結成し、1984年にヒップホップ・レーベル、デフジャムと契約し86年に発表したデビュー・アルバム『Licensed To Ill』は全米1位を獲得。ヒップホップとハードコア・パンク、ジャズ要素のグルーブ感溢れるインスト楽曲など幅広い音楽性を確立し、その一方で90年代にはチベットの人権問題などに取り組み「チベタンフリーダム・コンサート」を開催するなど活動家としても知られていた。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング