能年玲奈 2クール連続でドラマ出演決定、7月開始の日曜劇場で美人医大生を演じる

OKMusic / 2012年5月24日 6時0分

能年玲奈 2クール連続でドラマ出演決定、7月開始の日曜劇場で美人医大生を演じる (c)Listen Japan(okmusic UP's)

女優・能年玲奈が、7月よりスタートするTBSテレビ日曜劇場「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」にて、医大生・鈴木真子役として出演することが明らかとなった。
アイドル画像が盛りだくさん!- アイドル専門サイトIDOOOL

本作は、「医療の原点」をテーマに、TBS連続ドラマ初主演となる向井理、尾野真千子、時任三郎などの豪華キャストがおくるヒューマン・ドラマ。標高2000m超えという厳しい環境に実在する小さな診療所をモデルとし、診療所とそれに隣接する山荘を舞台に繰り広げる ひと夏の群像劇にて、能年は成績優秀で美人の医大生・鈴木真子を演じる。

能年は現在、フジテレビ月9「鍵のかかった部屋」(毎週月曜21時〜オンエア)にて、佐藤浩市 演じるベテラン弁護士の秘書・水城里奈役としてレギュラー出演しており、「カルピスウォーター」のCMキャラクターとしても活躍中。限りない透明感と豊かな表現力で観る人を魅了する、今、注目の女優が「サマーレスキュー」で魅せる演技に注目だ。


<能年玲奈コメント>
今、凄く緊張しています。
私は山の診療所というのを初めて知りました。
きっとこのドラマで初めてなことがたくさんあるだろうと思い、向かっていきたいという気持ちでいっぱいです!
そして命とは何か…考えるのは、私は怖くて震えそうになるのですが、このドラマを通して私自身も成長していけたらいいなと思います。
精一杯頑張りますのでよろしくお願いします!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング