FUZZY CONTROL 2マンライヴ大盛況&10周年記念ワンマンツアーの発表も!

okmusic UP's / 2013年3月25日 18時45分

FUZZY CONTROL (okmusic UP's)

DREAMS COME TRUEとのコラボでも知られる3ピースロックバンド、FUZZY CONTROLがWho the Bitch との2マンライヴを大盛況のうちに終了。そして、MCでは2013年で10周年を迎える彼らのワンマンツアーが行なわれることが発表された。

■2013年3月21日(木)「ファジビッチ!! 2012-2013~special guest S+AKS~」ライヴレポート

DCTrecords所属のFUZZY CONTROLとWho the Bitchによるツアー、その名も「ファジビッチ‼」の追加公演。まずはスペシャルゲストのS+AKSが登場し、踊り出すと、先攻のWho the Bitch のyatchがビートを叩き出し、Nao★の「お前らいけんのか? 全員かかってこれんのか!?」という挑発的な挨拶から、S+AKSの全員が「デスコ」と書かれた掛軸を掲げ、「Superstar」がスタート。鋭角的なパフォーマンスと、見事なハーモニーを聴かせていく。「sadistics」では、再びS+AKSが参加。会場は熱狂に包まれるが、足りないとばかりにehiは「ポテトサラダ」でオーディエンスの中に突っ込む。最後は、Nao★がフロアに飛び降り、「手」で一体となり、「赤いレモンティー」をしっとり聴かせて締め括った。

後攻はFUZZY CONTROL。まずはS+AKSがパフォーマンス(さらっとファジコンの三人もスタンバイに協力!)。Tシャツをフロアに投げ込むド派手な演出から、改めてファジコンが登場! いきなりJUONはセンターで、ご機嫌にギターを弾きまくる。そして「いけるか?!」と一喝すると、一曲目の「i'LL get the freedom」へ。パワフルなsatokoのドラム、グルービーなJOEのベース……やはり、少しの隙もなくテクニカルだ。しかし、彼らはそこだけに留まらず、オーディエンスをガンガン煽っていく。JUONは、「後ろの方が視力2.0くらいになる光放つんで!」と宣言し、全員のハーモニーが美しい「超ハローグッバイ」、イントロからハンドクラップを起こした「latest」と畳み掛ける。「あ・あ・あいやいや・あ・あ!」では、S+AKSも加わり、見事なコラボレーションを展開。その後も鉄板な演奏と熱狂は続き、ラストは「GONNA MAKE A LOVE SONG」を響かせてステージを降りた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング