渋谷センター街、のんべえ横丁、ロボットレストラン…ミューズ最新シングル「パニック・ステーション」のMVは全編日本にて撮影!

okmusic UP's / 2013年4月24日 0時13分

MUSE (okmusic'UPs)

2012年10月3日 に発売されたアルバム『ザ・セカンド・ロウ~熱力学第二法則』が全英NO.1、全米NO.2、ここ日本でも洋楽チャートNo.1をはじめ、世界23カ国でNO.1 を獲得し、ロンドンオリンピックの公式テーマソングを担当するほどの人気・実力を兼ね備え、第55回グラミー賞(2013年2月受賞式)でも2部門にノミネーションされた世界的ロックバンド、ミューズ。

そして、ここ日本では、お笑い芸人鉄拳が制作したパラパラ漫画「振り子」のBGMに使用された楽曲「エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)」(アルバム『ザ・レジスタンス』に収録)が話題となり、鉄拳の「振り子」の映像をミューズのオフィシャルMVとして世界配信するなど、日本との関係性もひじょうに深いMUSEが、この度、全編日本で撮影されたMVをバンドのオフィシャルYouTubeチャンネルで公開した。

このビデオは、アルバム『ザ・セカンド・ロウ~熱力学第二法則』からの通算4枚目となるニューシングル「パニック・ステーション」のMVで、今年(2013年) 1月11日(金)、12日(土)の2日間にわたって「さいたまスーパーアリーナ」で行われたコンサートのために来日した際に、撮影されたもの。ストーリー、アイディア、撮影、プロデュース、編集まですべてをミューズが監修した、初のセルフ・プロデュース・ビデオ。

しかも撮影は、「さいたまスーパーアリーナ」のライヴの合間を縫って、日本滞在中の2日間の早朝と深夜を使って、渋谷のセンター街、のんべえ横丁、新宿歌舞伎町にあるロボットレストラン等で行われた。バンド・メンバー3人が着用しているコスチュームは原宿のヴィンテージ・ショップで購入。ディスコ調のファンキーな曲に合わせ、奇抜なファッションに身を包んだミューズの三人が、渋谷、新宿の人混みの中を練り歩く場面では、世界的スターの人並でない度胸を思い知らせてくれる。クライマックスのロボットレストランでのシーンでは、極彩色の店内とミューズの世界観が絶妙なマッチングを見せ、まるでこのビデオのために作られた大規模なセットのようである。

尚、ミューズは2013年8月10日(土)、11日(日)に東京:QVCマリンフィールド&幕張メッセ、大阪:舞洲サマーソニック特設会場にて行われる「サマーソニック2013」にふたたび来日し、ヘッドライナーとして出演することが発表されている。



okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング