佐香智久、「タンブリングvol. 4」制作記者発表で“自分はブロッコリー!?"と。

okmusic UP's / 2013年4月24日 22時16分

佐香智久、 舞台「タンブリングvol. 4」制作記者会見 (okmusic'UPs)

“WEB界のプリンス"こと佐香智久が、初出演となる舞台「タンブリングvol. 4」の制作発表記者会見に参列し、場内をトークでにぎわせた。

「タンブリングvol. 4」は、「男子新体操」をテーマに家族や友情との絆を描いた青春ドラマ。山本裕典、瀬戸康史などが出演した2010年放送のTBSドラマ「タンブリング」をきっかけに舞台化したシリーズで、生で繰り広げられる新体操とイケメン揃いのキャスティングが話題を呼び、累計動員数10万人以上、主演に中尾明慶を迎えた今作で4シリーズ目を迎える大人気作となっている。

本日24日の記者会見に参列した佐香は、自身が新体操のシーンに参加しないマネージャー役であることを引き合いに出し、「(新体操をされる)皆さんがハンバーグだとしたら、自分はブロッコリー的な役割で一生懸命演じたいです。(佐香)」と独特の表現で意気込みを語り、会場を大いに沸かせた。

今週26日(金)には自身のワンマンライブツアー「はじめまして、ボクと。」のファイナル公演も控えている佐香智久。これから彼がどのような進化を遂げるのかますます楽しみだ。



「はじめまして、ボクと。」ツアー ファイナル公演

4月26日(金) SHIBUYA-AX

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング