私立恵比寿中学、金沢で初のフリーイベント&大阪で初のワンマンコンサート開催!

OKMusic / 2013年5月1日 20時27分

私立恵比寿中学@大阪城野外音楽堂 (okmusic UP's)

6月5日に4thシングル「手をつなごう/禁断のカルマ」をリリースする9人組グループ・私立恵比寿中学(エビ中)の4thシングルツアー「スプリングデフスターとんでんツアー2013 ~チャンスは今だ! 幸運期に乗ってよいこらしょ~」の2日目が、4月28日(日)に石川県政記念 しいのき迎賓館にて行われた。

エビ中にとって初の金沢にも関わらず、会場となった石川県政記念 しいのき迎賓館の石の広場に、約1000人のファンが訪れた。絶好の天気にも恵まれ、会場には屋台も飛び出し、まさにロケーションはフェスさながら! 親子連れや女性の姿も多数見受けられ、牧歌的な雰囲気の中イベントはスタート。「Go!Go!Here We Go!ロック・リー」や「ザ・ティッシュ~とまらない青春~」、人気楽曲「仮契約のシンデレラ」、「梅」、4thシングルから「手をつなごう」、「禁断のカルマ」等を披露。

出席番号9番:松野莉奈の、「また金沢でライブをやりたい!という想いを込めて歌いたいと思います」とのコメントに続いて、最後の曲「また明日」で幕を閉じるはずが、私立恵比寿中学校長の「最後にやりたい曲があるんだけど」というメンバーへのサプライズが入り、「ご存知! エビ中音頭」を今年初パフォーマンス。会場に相応しい演出となった。

また、次の日、4月29日(月・祝)には、大阪城野外音楽堂にて初の大阪ワンマンコンサートを行った。 3月31日(日)によみうりランド オープンシアターEASTで行われた自身初の野外ワンマンコンサートに続き、『中学生もつらいよ 〜浪花奮闘編〜』と題された今回の大阪公演も野外。澄み渡る晴天の下、汗ばむ陽気に恵まれた大阪城公園には、朝早くから物販を買い求めようと会場の周りに行列を作るエビ中ファミリー(ファン)の姿が見られた。

よみうりランドとは装いも内容も異なる打ち出しという予告どおり、ステージ上には9色に色分けされたゲートが配され、後方にはライブハウスさながらの大量の照明が剥き出しでセットされている。SEにあわせてメンバーひとりひとりがそれぞれのゲートから出席番号順に登場してポーズを決めると、会場に集まった3000人の観客からメンバーに声援が飛ぶ。大歓声の中、エビ中楽曲の中でもトリッキーでクールな楽曲「パクチー」で大阪初ワンマンの幕は開けた。

恒例の自己紹介をはさみつつ、昨年の11月にリリースされたインディーズベストアルバム『エビ中の絶盤ベスト~おわらない青春~』から「エビ中の出席番号の歌 その1」等4曲を披露。いずれもよみうりランドでは聞けなかった楽曲だ。さらにここからメンバーそれぞれがユニットを組んだコーナーに突入。<安本彩花・鈴木裕乃ユニット「鈴木さん安本さん」>による絶妙なトークからの「たそがれシアター」、<松野莉奈、柏木ひなたユニット「トリオ・ザ・インフルエンザ」>のほのぼのした「一生 一緒 いいっしょ?」、<瑞季・廣田あいかユニット「crossover」>が切々と歌い上げる「Kindness」、やかんを持ちながらのパフォーマンスが斬新な<杏野なつ・星名美怜ユニット「スターナッツ」>の「for you」、そして唯一のソロパフォーマンスとなった<真山りかユニット「ジャズ喫茶りか featダンディ井上」>の「老醜ブレイカー」。まさに東京(公演)とは打って変わったセットリストで魅せていく。

そしてここからは代表曲のオンパレード。6月5日発売の4thシングル「手をつなごう/禁断のカルマ」から、TVアニメ・ポケットモンスターのエンディングテーマである「サクラゴーラウンド」「手をつなごう」、テレビ東京ドラマ『ヴァンパイア・ヘヴン』のオープニングテーマである「禁断のカルマ」、初めてデイリー1位を獲得した3rdシングル「梅」、そしてインディーズ時代からの大人気楽曲「ザ・ティッシュ~とまらない青春~」等で会場の熱気はどんどん上がっていく。

MCでは、出席番号6番の廣田あいかがバックステージでたこ焼きを自分で作った話を披露する等ひとしきり大阪ならではの話で盛り上がったあと、出席番号3番:真山りかや、出席番号7番:星名美怜が「大阪の皆さんは本当に元気で大きな声援をくれるので、途中疲れたと思っても元気になれます」と語っていたように、本編最後の「頑張ってる途中」まで会場のボルテージは上がりっぱなしだった。

アンコール1曲目は、エビ中のハイパーメタルチューン「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」。ステージセットとの相性も抜群、箒木ギターを駆使したパフォーマンス、極めつけのジャーブと、“中学生ロック"ここに極まれりの圧巻の演出だった。メジャーデビューシングル「仮契約のシンデレラ」、サイリウムが夕暮れに鮮やかな「フレ!フレ!サイリウム」、ラストはエビ中ファミリーも肩を組んで盛り上がる「永遠に中学生」で幕を閉じた。が、興奮冷めやらぬ観客とメンバーは収まらない。

ダブルアンコールに応えて「大人はわかってくれない」「えびぞりダイアモンド!!」のパフォーマンスで大団円を迎えた。廣田が、その中で「ダイアモンド」と歌う箇所を「また来るからね」と歌うと会場の至るところでドヨメキが走った。

現在エビ中は、6月5日発売の4thシングルに向けてのフリーイベントTOUR真っ最中。5月5日にはメジャーデビュー一周年を迎える。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング