Lead、第2章の幕開け。恵比寿に4,000人が集結!

okmusic UP's / 2013年5月2日 8時15分

Lead (okmusic'UPs)

今年3月に中土居宏宜が卒業し、メンバーが3人となったダンスボーカルユニット・Leadが、4月28日(日)に恵比寿ガーデンプレイスで開催さ れた「からだFES~じぶんのからだ、知るって楽しい~」でのスペシャルミニライブ「Lead 第2章~導に光を~」で新曲を初披露。Lead、第2章の幕開けに4,000人が詰め掛けた。

3人で踏む初めてのステージにどれだけの人が来てくれるのか? 3人で歩き出すLeadを受け入れてもらえるのか? 実際にステージに立つまで不安で仕方なかったという、Leadの3人。そんなメンバーの不安をよそに、恵比寿ガーデンプレイスにはLead、第2章のはじまりを見届けようと溢れんばかりの人が集まっていた。SEが流れ、鍵本輝、谷内伸也、古屋敬多の3人がステージに登場すると、会場からは大歓声が響き渡った。

スペシャルライブのスタートは、この日初披露となったGOING UNDER GROUNDの代表曲「トワイライト」のカバー。この曲の歌詞が今のLeadの心情と重な る部分があり、今回カバーをするきっかけとなったという。この曲は「バージンブルー」「アンバランスなKISSをして」「冬色ガール」に続くLead のカバーシリーズ第4弾として、6月19日発売のシングル「Upturn」に収録。歌詞の世界観に同調したオリジナルのラップを谷内が手掛け、演奏には後輩アーティストである、LIFriendsが参加。生バンドでのダンスパフォーマンスに、Leadの新しい一面を覗かせた。

「こんにちは、Leadです!」と元気に挨拶をすると、「僕たちLeadは先月まで4人だったんですけど、3月に一人、元気なおじさんが卒業 してしまいまして」と古屋が冗談交じりに語り、ファンを和ませる。MCに続けて披露したのが、ポジティブ全開の新曲 「Upturn」。4人の絆、3人の決意、3月に卒業した中土居宏宜へのエール、ファンへのメッセージなど、伝えたいあらゆる思いが歌詞とサウンドに詰め込まれたというこの強いメッセージソングに涙を流すファンの姿も。3人でも大丈夫という安心感を与えるような力強いパフォーマンスは、ファンの心にしっかり届いていた。

最後には、ライブの定番曲となった「COLOR」を披露。4人で歌い続けて来たこの曲は歌い分けはそのままに、3月に卒業した中土居のパートではメンバー3人が一斉にマイクを客席に向け、ファンそれに応え大合唱。会場中が一つになった。

「3人ともステージに上がった瞬間、ファンで埋め尽くされた景色に鳥肌が立ち、涙が溢れる寸前でした。一生忘れない光景がまた一つ増えました。第2章のスタートは"再スタート"でなく、Leadがこれまで4人で歩んできた11年の続きを、これからは3人で歩き続けるだけなんです」と、スペシャルライブを終え興奮冷めやらぬメンバーは、オフィシャルブログでメッセージを綴っていた。

ゴールデンウィーク中も、今月4日(土)にテラスモール湘南(神奈川)で、6日(月・祝)にはダイバーシティ東京プラザ(東京)で、それぞれ 観覧無料の新曲発売記念イベントを予定。幕を開けたばかりのLead、第2章の活躍が楽しみだ。



「Upturn」発売記念「Lead Pre☆Party!」

5月04日(土) テラスモール湘南  15:00~ 
5月06日(日・祝) ダイバーシティ東京プラザ 2Fフェスティバル広場 15:10~

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング