きゃりーぱみゅぱみゅ、世界で大注目の新曲「インベーダーインベーダー」MV解禁!

okmusic UP's / 2013年5月6日 22時0分

きゃりーぱみゅぱみゅ (okmusic'UPs)

きゃりーぱみゅぱみゅが、5月15日に発売する、6thシングル「インベーダーインベーダー」。ジーユーCMソングとして話題沸騰中のこの曲のMVがいよいよ解禁になった。

サウンドプロデューサーの中田ヤスタカが、CMのために書下ろした“おっしゃ Let's 世界征服”が合言葉の、80'sフレイバー溢れるエレクトロポップなチップチューン「インベーダーインベーダー」。

MVは、きゃりーぱみゅぱみゅをリーダーとする謎の集団が、不思議な儀式を通じUFOとコンタクト。するとUFOからDJ風の宇宙人が降臨し、祭壇のようなステージで奉納パーティーが繰り広げられるという奇想天外なストーリーになっている。海外でも活躍するきゃりーぱみゅぱみゅだけに、今作も世界中で話題騒然間違いなしだ。

【きゃりーぱみゅぱみゅコメント】
「今回のインベーダーインベーダーは衣装が本当にカワイイ!! インベーダーというと無機質なイメージを想像されがちですが、いい意味で裏切りたかったので、パステルの古着をパッチワーク風にリメイクして、ドレスを作りました。段ボールや扇風機を使ったあえて安っぽいセットや、ダンサーとの謎の儀式など見所満載のおもしろいMVになっているのでぜひチェックしてくださいね!」

【MVレポート】
4月下旬、川崎のスタジオにて行われた「インベーダーインベーダー」の撮影。今作は前作同様に演出・監督は田向潤。デビュー前から親交があるスタッフと共に、自ら企画段階から入念に打合せを重ねて完成したMV。こだわりの衣装はきゃりーらしいパステルのドレスに宝塚のようなヘッドアクセサリー。今回は、きゃりーも日頃からよく通っている高円寺にある『Spank!』で購入したTシャツやニットの古着をパッチワーク風にアレンジして制作された。同じくダンサー4体も同じ方法で制作され、それぞれこの世で1体ずつの誰もまねをすることができない衣装となった。

また、見所のひとつでもある今作のセットも、ミステリアスな組織感演出のため、あえてチープな扇風機や段ボールなどを使用しセット制作を行なったと監督談。照明とあわさりあった、不思議な空間に本人はとても喜んでいた。

ダンスも本当に難しく、「毎回ダンスの難易度があがっている」と本人談。現在、ワールドツアー中ということもあり、ライブで披露後のMV撮影となったが、入念にコレオグラファーに確認しながら、完璧なダンスで撮影することができた。『だ』のお面をつけた4名のダンサー(女性2名、女装2名)に加え、モコモコの着ぐるみを着用した2名のダンサーと円盤から降臨するDJ風の宇宙人もプロの男性ダンサーとなり、後半にかけて、切れ味の鋭いダンスを披露してくれた。ちなみにDJ風のダンサーの顔にはiPadが埋め込まれ、音楽に合わせて、映し出す映像が変化する仕組みになっている。今回も本人大満足の仕上がりとなった。



きゃりーぱみゅぱみゅ「インベーダーインベーダー」MV
http://www.youtube.com/watch?v=jcIOg_m-bp4

「インベーダーインベーダー」配信情報

着うたフル(R)、PC配信がいよいよ5月8日よりスタート。
<レコチョク>
http://recochoku.com/kyarypamyupamyu/
<iTunes®Store>
https://itunes.apple.com/jp/artist/kyaripamyupamyu/id448331160

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング