5月5日は子供ばんどの日! 25年ぶりアルバムの発売記念ライヴ成功!

okmusic UP's / 2013年5月7日 10時0分

5月5日@CUTUP STUDIO (okmusic'UPs)

25年ぶりのオリジナルアルバム『CAN DRIVE 55』をリリースした子供ばんどが、5月5日(土)にタワーレコード渋谷店にて、これまた25年ぶりとなるアルバム発売記念ライヴを行った。

タワーレコード渋谷店の地下1階「CUTUP STUDIO」は、ファンの期待をまったく裏切る事なく、シンプルで骨太のロックに仕上げられた25年ぶりのオリジナルアルバム『CAN DRIVE 55』を購入した300名を超える超満員のオーディエンスで埋め尽くされた。

観客の中には手にミニ鯉のぼりを持ち、すでに相当なお祭り騒ぎに盛り上がっている人も。メンバーも今は平均年齢55歳(Bassトーベンは、なんと59歳)、当時10代、20代だったファンも今は40代~50代。小学生、中学生の子供連れの姿も見受けられる。

開演時間の13時、割れんばかりの拍手の中、「ゲバゲバ90分」のオープニングBGMにのって、メンバーが登場。ニューアルバム1曲目に収録された「55」で、いきなりエンジン全開のライブがスタートした。観客は、いきなりボルテージ最高潮! 続けざまにニューアルバム収録曲から新曲「Na.Na.Na.」「カモン!絶好調!」と、たたみ掛けるかの如く25年ぶりの新曲が舞台上で炸裂する。

4曲目には桑名正博のいぶし銀の名曲と言われてるロックンロールナンバーで、今回のアルバムにも収録された「馬鹿な男のR&R」。その後、新曲「月下酔人」、「風来坊」を演奏。ライブのしめは往年の名曲「アル中ロックンローラー」。メンバーも完全燃焼ともいえる怒涛の40分にわたるライブを披露した。

大歓声の中、ふたたびメンバーが舞台に登場。ファンの期待の通りに演奏されたのは「サマータイム・ブルース」。「あんたは、まだまだ子供だよ!」のサビ部分、子供ばんどと観客が一体感溢れる大合唱! 記念すべき25年ぶりのオリジナル・アルバム発売に、これまた25年ぶりのレコ発ライブは割れんばかりの拍手と歓声の中、終了。

ライブ中、うじきつよしは「かっこいいアルバムができたと思います! 俺は1年半前、メンバーに向かって言ったんだ。「子供ばんど史上最高にロックでかっこいいアルバムを作るぜ!」メンバー、シ~ン…(笑)。本当に25年ぶりというのは最近になってミラクルにしみてきて、とんでもない事ができたと思います。アルバムができた事は待っててくれたヤツらがいたからだと本当に年をとってから、そういう事がわかる様になってきました。旋風をまきおこすぜ!」と熱く語っていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング