ポップでカラフルな新世代スリーピースバンド・nicoten、メジャー第1弾リリース決定

okmusic UP's / 2013年5月9日 22時0分

nicoten (okmusic'UPs)

全員90年生まれ、「iTunes New Artists 2013」にも抜擢された新世代スリーピースバンド・nicoten(ニコテン)が7月24日、 5曲入りep「アルドレアe.p.」でメジャーデビューすることが決定した。

それぞれ異なる音楽活動を行ってきたメンバーが互いの才能に惹かれあい、2010年5月にバンド結成。ゆるふわでフレッシュなキャラクターと、洗練されたサウンド感を瑞々しく今の時代に昇華したニュー・スタンダード・ポップが彼らの魅力。季節感や情景を織り交ぜながら、都会に生きる若者の心情をすくい取る等身大の歌詞、のびやかで印象的なボーカルも心に残る。

ボーカル&ギターの宮田航輔を中心に、メンバー3人全員がソングライティング&アレンジの才を持ち、これまでも様々な共作スタイルで作品を生み出してきているが、メジャー第1弾となる『アルドレアe.p.』は CHEMISTRY、中島美嘉、JUJUなどの作品で知られる川口大輔をプロデューサーに迎えて制作。卓越したメロディーセンスを持つ川口大輔プロデュースのもと、構築段階から詞曲共に緻密に練り上げることで、原石の輝きはさらなる高みへと大きく進化を遂げている。

リードトラック「アルドレア‥」は、インディーズ時代からの彼らの代表曲を、歌詞の一部を大幅に書き換え新たなアプローチで新録したもの。歌詞にもサウンドにもせつなさが加わった、彩り豊かな名曲に仕上がっている。イントロのギターカッティングから一気に引き込まれる「Day trade」も、最近の彼らのライブに欠かせない楽曲のひとつだが、『メトロナポリタン』収録時からさらに進化した新バージョンとして収録している。

2011年にライブ会場手売りと通販限定で完売したデモCDの夏盤からは、水彩画のような透明感あふれる「風天、空ヲ翔ケル」を新録。さらに、このepに初めて収録される新曲も2曲。「Oh! Summer!!」は、nicotenのポップでやんちゃな側面が炸裂した明るくノリノリのサマーチューン。「この街の物語」は、華やかなメロディーにのせて展開していく情景描写が心に響く叙情的なナンバー。5曲それぞれがプリズムのような多面体の輝きを放ち、マカロンのように心躍る色彩を描いている。


okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング