やなぎなぎ「NORN9 ノルン+ノネット」インタ到着! CD&配信情報も!

okmusic UP's / 2013年5月21日 10時0分

やなぎなぎ (okmusic'UPs)

女性向けゲームブランド“オトメイト”から発売されるPSP用ゲーム「NORN9 ノルン+ノネット」より、CD『NORN9 ノルン+ノネット サウンドトラック Plus』が6月5日にリリースされます!


今作には、“やなぎなぎ”が歌う主題歌、挿入歌、EDテーマの他、BGMを収録。ゲームテーマ曲を「ファイナルファンタジー」シリーズの植松伸夫が、BGMを「十三支演義 ~偃月三国伝~」などを手掛けたケビン・ペンキンがそれぞれ担当している点にも注目です。また、やなぎなぎはゲームの登場人物の1人・歌姫アイオンを演じる事も明らかになっており、挿入歌は、やなぎなぎ演じるアイオンが歌唱する幻想的な楽曲に仕上がっているとのこと。

またCD発売に先駆けて、携帯電話・スマートフォン・PC各音楽配信サイトにて、OPテーマ曲「melee」を5月23日(木)より先行配信。そしてこの度、やなぎなぎさんの公式インタビューも到着しています!

-----

■やなぎなぎさん公式インタビュー

――オトメイトの新作ゲーム「NORN9 ノルン+ノネット」の主題歌を担当することになった御感想をお聞かせください。

私自身ゲームが大好きですし、また今回は多くの女性の方に歌を届けられる機会でもあったので、お話を頂いた時は素直に嬉しかったです。
どんな風に歌おうか、どんな歌詞を書こうか、新しいことがたくさん出来そうだと思いワクワクしました。

――各曲の聴きどころを教えてください。

「melee」は穏やかだけれど力強いOPになっています。歌詞に横文字と古語の様な表現を織り交ぜていて、物語が進むに連れOPの内容と重なっていきます。ぜひじっくりお聞きください。
「砂時計は空の空」は子守唄のような、どこか客観的な曲です。
のびやかな気持ちで歌ってみましたので、みなさんにも心地良くなっていただけたらと思います。
「many universes」はとてもポップなEDになりました。激しくアップダウンするメロディをぜひ楽しんで頂きたいです。疾走感もあり、とても前向きな楽曲です。

――OPテーマ「melee」はどのように作詞をされたのでしょうか?

物語のあらすじを頂いてから書きはじめました。その際舞台が大正のような風景になるとお聞きしたので、古語を織り交ぜよう!と思いつきました。でも終始古い言葉ではなく横文字も併用していて、ハイカラ感も出しています。
melee(メレ)とは小粒のダイヤモンドのことで、この小さな石を登場人物になぞらえています。小さな石粒たちが集まった時、一体どうなるのか。それを描きたくて題材に選びました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング