「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」でデヴィッド・ボウイの「ザ・スターズ」上映決定

okmusic UP's / 2013年5月26日 9時0分

デヴィッド・ボウイ (okmusic'UPs)

5月23日より、各映画館で作品上映が開始された「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」。米国アカデミー賞公認・日本発、アジア最大級の国際短編映画祭だ。そのミュージックShort部門にはデヴィッド・ボウイ「ザ・スターズ」のMVもノミネートされており、上映が決定した。
【その他の画像】

【ショートショート フィルムフェスティバル & アジアとは】
世界各国で若きクリエイター達の夢への第一歩として確立されている “ショートフィルム"。この新しく魅力的な映像の世界を日本に紹介するため、1999年に東京・原宿で誕生した映画祭。2004年には米国アカデミー賞公認映画祭に認定され、本映画祭のグランプリ受賞作品はアカデミー賞短編部門ノミネート選考対象となる。15回目の開催を迎える今年は、過去最多5000本以上の作品が世界120の国と地域から集まり、コンペティションでは38の国と地域から、厳選された81作品を上映する。

【デヴィッド・ボウイ「ザ・スターズ」について】
世界中で大ヒット中の、デヴィッド・ボウイの10年ぶりのアルバム『ザ・ネクスト・デイ』からの2ndシングル。ミュージックビデオの監督を務めたのは、これまでデヴィッド・ボウイの「リトル・ワンダー」(1996) や「デッド・マン・ウォーキング」(1997)のビデオを制作したフローリア・シジスモンディ(Floria Sigismondi)。故・大島渚監督による『戦場のメリー・クリスマス』など多数の映画に出演する「俳優」としてのボウイの才覚が感じられる内容となっている。ボウイの夫人役で競演しているのは、アカデミー女優ティルダ・スウィントン(レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ビーチ』やキアヌリーブス主演の『コンスタンティン』、そして『ナルニア国物語』などに出演し、2007年公開の『フィクサー』でアカデミー助演女優賞と英国アカデミー賞® 助演女優賞を受賞)。ティルダは、レディー・ガガを始めとして世界中に大勢いるボウイ・フリークの一人でもある。ティルダが、ボウイのファッションやスタイルを意識し、真似るあまり、ファンの間では「実は、デヴィッド・ボウイとティルダ・スウィントンは同一人物ではないか」と噂されていた。今回のビデオで二人して共演することで、「同一人物説」は間違いであること証明し話題となった。



「ザ・スターズ」MV 上映スケジュール

「MS-C」(ミュージックShortプログラムC)内
6月01日(土) ラフォーレミュージアム原宿 13:30-15:20
6月10日(月) ブリリアショートショートシアター(みなとみらい) 17:10-19:00
6月13日(木) ブリリアショートショートシアター(みなとみらい) 12:50-14:40



「ザ・スターズ」 MV
http://www.youtube.com/watch?v=gH7dMBcg-gE

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング