藤澤ノリマサ、5周年記念コンサートで3つのニュースを発表

okmusic UP's / 2013年6月19日 8時0分

6月1日@東京・Bunkamuraオーチャードホール (okmusic'UPs)

今年デビュー5周年を迎えた藤澤ノリマサが、6月1日に東京 Bunkamuraオーチャードホール、6月15日には大阪 梅田芸術劇場メインホールにて『藤澤ノリマサ5th Anniversary CONCERT』を開催し、合計約4,000 名の観客を魅了。新曲「Period.」を初披露し、同曲を含むシングルを9月25日に発売すること、11月からの全国ツアー開催、9月に滋賀県・びわ湖ホールと東京・日本武道館で開催される「テニプリフェスタ2013」参加という3つのニュースを発表した。

【その他の画像】藤澤ノリマサ

満員のオーチャードホールの幕が静かに開くと、板付いた藤澤がライトで浮かび上がり、井上陽水の名曲「少年時代」でステージは始まった。藤澤の生い立ちからこれまでを想起させるストーリーの朗読、それとリンクした70~80年代のJ-POPの名曲が途切れなく演奏されていくというこれまでに無いスタイルに、観客は驚きつつも引き込まれていった。今回の公演でタッグを組んだ武部聡志のピアノが藤澤の表現力をさらに助長し、5周年に相応しい新たなチャレンジでの第一部となった。

切ないメロディにのせ、デビューからこれまでの5年間をMVやイベント写真などで構成したヒストリームービーが映される。当公演のリハーサル風景まで遡ったところで「希望の歌~交響曲第九番~」のイントロが聴こえ、それまでの静寂と緊張感を破り第二部がスタート。彼の代名詞ともいえるポップオペラ、ピアノ弾き語り、カンツォーネ等、“藤澤ノリマサ"という唯一無二のスタイルで、シングル曲をはじめ全12曲を披露。中盤「武部さんとやりたかった事があるんです」と、4thアルバムで一緒に制作した「月の光」の前奏をピアノで連弾するという場面も。

ライブ終盤「この曲と出会って5年。デビューの頃は藤澤ノリマサという名前よりも、タイトルの方がインパクトが強くて、各地で“ダッタン人だ!"と言われましたが(笑)。心をこめて歌いたいと思います」というMCで、デビュー曲「ダッタン人の踊り」を披露。さらに2ndシングル「VINCERO-ビンチェロ-」と続き本編は幕を閉じた。

アンコールでは2,000人のファンに向かい3つのニュースを発表。9月開催『テニプリフェスタ2013』への参加、全国ツアーを開催と、ニュースの発表の度に客席から拍手やどよめきが沸き起こり、9月25日にニューシングルをリリースすると口にすると会場からは悲鳴混じりの歓声が上がる。「やっと理想の音楽に近づけた。今までの5年間をしぼったような1曲」という言葉に続き、新曲「Period.」を初披露した。


okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング