キノコホテルのkeme、“私の青春のひとつが音になった”と語る2ndソロアルバムを7月に発売

okmusic UP's / 2013年6月19日 19時0分

keme (okmusic'UPs)

キノコホテルのギタリストとしても活躍するイザベル=ケメ鴨川ことkemeが、2枚目となるソロアルバム『しらない世界』を7月3日にリリースする。

【その他の画像】keme

70年代のフォークロックや初期のニューミュージックへのリスペクトが押し出された『しらない世界』は、keme本人が収録曲10曲の全てを作曲。うち7曲は作詞も手がけ、10ヶ月の録音期間を経て完成した。kemeは本作について「ひとつひとつの曲に時代があり、私の青春のひとつが音になった、そんなアルバムです!」と語っている。

また、アートディレクションにもこだわりが随所に表れており、フラワープリントのキャップにギターストラップ、トロイ・ブロス製の赤いベストを身につけた本人を、吉田拓郎、かぐや姫、中島みゆき、井上陽水を手がけた名カメラマン田村仁の息子の田村ヒロが撮影している。ジャケットはLP時代の名物であるオビをそのままにプリントした紙スリーブ仕様。

7月14日には、矢沢洋子&THE PLASMARSをゲストに迎えたリリースライブを開催。キノコホテルの時とは違った彼女の魅力が見える夏となりそうだ。



アルバム『しらない世界』

2013年7月3日発売
BPR-1006/¥2,500(税込)
<収録曲>
01.しらない世界
02.愛と自由の日々
03.なんのためにII
04.カレーライスの唄
05.月の夜
06.増毛希望
07.行方知らず
08.7分間のキス(スタジオライヴ)
09.声にならない
10.淋しい街



kemeアルバム発売記念ライヴ

7月14日(日) 下北沢CLUB Que 
開場18:00/開演18:30
w: 矢沢洋子&THE PLASMARS

「愛と自由の日々」MV ショートver.
http://www.youtube.com/watch?v=p1L7O75Xon0

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング