木村カエラ、今秋リリースのコラボカヴァーアルバム『ROCK』の収録楽曲をTwitterで募集

OKMusic / 2013年6月23日 0時0分

木村カエラ (okmusic'UPs)

木村カエラが設立したプライベートレーベル“ELA"、その第1弾リリースは今秋リリース予定、自身初となるコラボカヴァーアルバム『ROCK』。そして、Twitterでの「木村カエラに歌ってほしいカヴァー楽曲」の募集がスタート! 採用楽曲は今秋リリース予定コラボカヴァーアルバム『ROCK』に収録&楽曲採用者のアカウント名をブックレットに掲載される。

【その他の画像】木村カエラ

今秋リリースするアルバム『ROCK』は10周年をひかえたカエラが自らのルーツのなかでも影響・刺激を受けたといえる60年代、70年代、80年代の海外の音楽を背景に、各時代においてその存在、生き方に強烈な個性を残した海外アーティストたちの楽曲をいま、カエラが大好きな国内外のアーティストとともに共演しカヴァーするというもの。海外アーティストの楽曲ながら、その個性から日本でも注目を集めたものばかりを、同じく今現在、個性豊かに活動する国内外のアーティストとともに共演、演奏するそう。収録されるカヴァー楽曲は10曲前後が予定されている。

現在行っているスタッフや本人を交えての打合せの場ではThe WhoやEurythmicsなどのアーティスト名が候補に挙がっているとの事。また、カエラと共演する参加アーティストは石野卓球、Chara、POP ETCと国内外の名前が第一弾発表アーティストとして挙がっており、その後は第二弾、第三弾と随時ELAオフィシャルホームページにて発表される予定との事。

今回、注目すべきはこのコラボカヴァーアルバムではファンとのコラボも予定されていること。kaelastaff Twitterにて「木村カエラにカヴァー&歌って欲しい楽曲」をハッシュタグ #rock_rqにて募集! 採用基準は60年代~80年代にリリースされた洋楽曲で木村カエラにカヴァーして欲しい曲。作品のテーマは「ROCK」となっている。音楽のジャンルとしてのROCKにとどまらず、その時代ごとに自分のスタイルを確立し、貫いてきたアーティストの楽曲のカヴァーで構成されたアルバムを作りたいというのがアルバムのコンセプト。採用された方はtwitterアカウント名がCDに同封されるブックレットにスペシャルセレクターとして掲載されるそう。また、応募された方のなかから抽選で10名にサイン入り木村カエラスペシャルグッズをプレゼントされるとのことなので、気になる方は公式サイトをチェックしてほしい。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング