『あまちゃん』挿入歌「暦の上ではディセンバー」CD発売決定!歌っていたのはベイビーレイズ

okmusic UP's / 2013年7月9日 10時41分

ベイビーレイズ (okmusic UP's)

5人組アイドル・ベイビーレイズがNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の挿入歌「暦の上ではディセンバー」を歌っていたことが明らかになり、2013年8月21日にはベイビーレイズ名義で同曲を収録したCDシングルを発売することを発表した。


【その他の画像】ベイビーレイズ

2012年9月にデビューし、今夏は“サマーソニック2013”への出演も決定している注目のアイドル・ベイビーレイズ。


彼女達が歌っていたことが明らかになった楽曲「暦の上ではディセンバー」は、ドラマ『あまちゃん』に登場する架空のアイドルグループ「アメ横女学園芸能コース(通称:アメ女)」が歌う、2009年にミリオンセラーを記録した大ヒット曲という設定のアイドルソング。実際にレコチョクでは6月29日の配信がスタートすると初日にデイリー首位を獲得、さらには、iTunes Storeでも1位を獲得するなど、現実でも老若男女から絶大な支持を得ていたが、今回、ドラマ内で同曲をアメ女の“シャドウ”として実際に歌っていたのがベイビーレイズであることをアナスンス。2013年8月21日には通産5枚目のシングル作としてのリリースされることも決定した。

「暦の上ではディセンバー」を初めてレコーディングした時についてメンバーの大矢梨華子は「初めてレコーディングした時は「いつドラマで流れるんだろう?」とメンバーみんなでわくわくしてました。私も「あまちゃん」と暦の上ではディセンバーが大好きなので、あまちゃんのように沢山の方に愛されるように歌っていきたいです。」とコメント、また、グループ・リーダーの傳谷英里香は「CD化のお話を聞いた時、じぇじぇじぇ!と思いました!私達が歌わせていただいた「暦の上ではディセンバー」が、ドラマ中に流れるということでも、とても嬉かったのですが、この度、CDを出せていただくということで、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも大切に歌い続けたいと思います。」と喜びを語っている。

なお、ベイビーレイズは2013年7月31日に4thシングル「ベイビーアンビシャス!」を発売し、8月11日には渋谷O-EASTでワンマンライブ「ベイビーレイズ伝説の雷舞!-虎軍奮闘-」の開催を控えており、今後の活躍に期待が高まるばかり。今年そのポテンシャルが、最も注目されているベイビーレイズを今すぐチェックしてみよう。

■<新作情報>

2013年8月21日(水)発売 5thシングル
ベイビーレイズ「暦の上ではディセンバー」
●初回限定盤 CD+DVD 税込1,300円 PCCA-03913
●通常盤 CD only 税込1,000円 PCCA-03914

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング