「FREEDOMMUNE 0 <ZERO> ONE THOUSAND 2013」大盛況のうちに幕

okmusic UP's / 2013年7月16日 19時0分

大友良英&あまちゃんスペシャルビッグバンド (okmusic UP's)

大雨洪水警報、及び雷注意報による無念の開催中止から、会場を"屋根のある"幕張メッセに移動して再起を果たしたFREEDOMMUNE。1回目の中止から数えて第3 回目となる震災遺児孤児、被災動物への寄付を募る為の無料イベント、「FREEDOMMUNE 0 <ZERO> ONE THOUSAND 2013」を7月13日(土)に幕張メッセ国際展示場にて開催した。

【その他の画像】大友良英

このイベントはBOREDOMSから、ブルガリまでのアートディレクションをこなす、現代美術家・京都造形芸術大学教授であり、DOMMUNEの代表を務める、宇川直宏の呼びかけによって行われ、総勢91組のアーティストが集結した。

オールナイトで行われたこのイベントには約15000人が来場した。また、イベントはYouTube配信をしており、全世界から1380000以上のビュー数があった。

LIVEアクトは、海外から参戦のハードコアパンクの歴史上において、重要な存在でもある、PENNY RIMBAUD co-founder of CRASS(from UK)がLIVEとトークを行い、会場を沸かせた、BOREDOMS presents 7×13 BOA DRUMは91人のドラマ―が一斉にドラムを演奏し、前人未到のパフォーマンスで場内を圧巻させた。その音はまるで、水の波紋ようだった。ドラマの―中には有名ミューシャンや俳優も加わっており、場内では驚きの声も上がった。

また、今話題の「大友良英&あまちゃんスペシャルビッグバンド」もこのユニットでは最大数でのライブを行った。あまちゃんのテーマソングではさらに盛り上がりをみせた。このイベントについて大友良英は「今でも、震災直後に宇川さんとあった日のことは忘れられません。被災地から発信していく自分たちのメディアをつくらなければ。こうして宇川さんや福島のみんなの手でDOMMUNE FUKUSHIMA!が震災直後に誕生しました。でも、これは震災前から宇川さんも僕らも様々な活動をしてきたから出来る事。一貫してるからこそ信頼できる・・・そう思ってます。ボクにとって、その意味で、FREE DOMMUNEに参加するということも、プロジェクトFUKUSHIMA!やDOMMUNE FUKUSHIMA!をはじめたこともあまちゃんの音楽をつくるということも、全部同じなんです」とコメントを寄せた

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング