井手綾香、誕生日に20代初ワンマンライブを開催

OKMusic / 2013年7月20日 17時0分

7月19日@東京・渋谷のPleasure Pleasure (okmusic UP's)

井手綾香が20歳の誕生日当日となる7月19日、記念ワンマンライブ「ハタチになるっちゃけど!」を、東京・渋谷のPleasure Pleasureにて行った。

【その他の画像】井手綾香

本公演は5つのコーナーに分かれて構成されており、最初のコーナーでは、井手が中学生時代に制作した3曲を披露。中学2年生の頃、生まれて初めて作詞・作曲した、まさに“シンガーソングライター・井手綾香"の原点と言える、記念すべき楽曲「未来への扉」からライブはスタート。続いて、メジャーデビューミニアルバム『Portrait』収録曲「あのね」、メジャーデビュー前にインディーズでリリースしたミニアルバム『TOY』収録の「愛をつなごう」を演奏すると、井手が「今日はハタチの誕生日ということで、自分のこれまでを音楽で振り返ってみたいと思います」とMCし、第2のコーナーへ。ここでは、彼女が高校生時代に制作した3曲をパフォーマンス。2011年、長澤まさみが出演したハイチオールCプラスのCMソングとして413曲もの候補の中から抜擢され、20万ダウンロードを記録した「雲の向こう」をはじめ、こちらもCMソングとして彼女の名前を大きく広げるきっかけとなった、パンテーン2012年春CMソング「ヒカリ」、高校生時代の瑞々しい恋愛を描いた「君からのメッセージ」を披露した。

そして第3のコーナーでは、アメリカ人の母と日本人の父をもつハーフである彼女が、「私の両親は洋楽が大好きで、車の中でいつも音楽を聴いたり、ミュージカルをみんなで見たり、家族で一緒に歌ったりしていました。その中で音楽や歌うことの楽しさを知ることが出来たので、そういう環境を作ってくれた両親にはとても感謝しています。そんな、子供の頃からたくさん聴いてきた大好きな曲たち、そして今の私を作っている曲たちを5曲、カバーさせてください」と語り、彼女がシンガーソングライターの道を歩むきっかけになったという、Carole King「A Natural Woman」、The Beatles「Lady Madonna」、Carpentars 「Yesterday Once More」、Norah Jones「Don't know why」、Jason Mraz「I won't give up」の5曲を、尊敬の念を込めてカバー。

第4のコーナーでは一転、ステージが暗闇に。裸電球の灯りだけがうっすらとともされた空間で、ピアノ弾き語りによる彼女が母に贈った楽曲「ひだり手」を演奏。さらにアコースティックギターのみをバックにたおやかに歌い上げる「miss you」と続く。少ない明かりの中で、彼女の個性といえる優しくも力強い歌声がよりいっそう際立って耳に聴こえてくる演出に、この日一番の静寂に響く歌声が空間をつくった。

そして最後、 “井手綾香の現在、そして未来"を表現した第5のコーナーでは、7月17日にリリースされたばかりのダブル表題曲シングル「235/消えてなくなれ、夕暮れ」から、初めてアコースティックギターで制作した新機軸「消えてなくなれ、夕暮れ」を熱唱。先ほどの暗闇から、アコースティックギターを抱えた井手の姿が照明に照らされ、ステージにあらわれると“静"から“動"へ空間が弾ける。ギターをかき鳴らし感情そのままに歌う彼女の姿が、これまでになかった新たな井手綾香の姿として観客の心に突き刺さっていた。続いて、「この場で、始めたばかりのギターを弾きながらみんなに向けて歌うことをイメージして作った曲を聴いてください」と語りかけ、今回のワンマンライブで初披露となる未発表の新曲「髪を切りました」を初となるギター弾き語りでパフォーマンス。そのタイトルの通り、ロングヘアをばっさり40センチ切った彼女の心境をそのままに歌った楽曲に、オーディエンスも真剣な表情で聴き入っていた。

再びピアノに座った井手が、「去年、いろいろな女性シンガーの方とコラボした2Womanライブ“ふたりらいぶ ふたりらいふ その(2)"を、今年の11月にやることになりました!」と発表すると、客席から大きな拍手が沸き起こる。

ラストは、「去年の夏くらいから、自分が何をやりたいのか、何を目指しているのかわからなくなってしまって。暗い曲ばかり書いたり、いつもシャワーを浴びながら一人で泣くという日々を過ごしていたんです。でも、新年になった時に“新しいページをめくるように前に進んでいけばいいんだ"と、すごく前向きな気持ちになれて。去年が後厄で、今年になって厄を抜けたからというのもあるかもしれないんですけど(笑)、でも悩んでいた過去の自分を責めることだけは絶対にしたくないと思いました。それで、過去の自分に“ありがとう、よく頑張ったね"と言いつつも、新しい自分に会いに行くために、過去の自分に“さよなら"を言いたい。そんな気持ちで作った曲を最後に歌います」とMCし、シングル「23 5/消えてなくなれ、夕暮れ」から「235」(パンテーン2013年春CMソング)を演奏。葛藤の時期を経て、新たな自分に出会ったという彼女の笑顔が弾ける、印象的なパフォーマンスとなった。

アンコールでは、「今日はいろんなことに挑戦したのですが、もう一曲、新曲を歌います!さっき歌った『消えてなくなれ、夕暮れ』が生まれてはじめての失恋ソングなんですけど、これから生まれて2回目の失恋ソングを歌おうかなと思います」と語り、またも未発表曲の新曲「ひとりにしないで」をピアノ弾き語りで披露。未発表の新曲2曲を演奏することで、彼女自身が未来へ向かって歩みを進めていくという決意表明に見えた。

会場が揺れるほどの拍手の中、ピアノから立った井手。ステージが明るくなるとともにバンドメンバーを改めてステージに呼び込み、このステージを支えてくれたファンにお辞儀をして感謝の気持ちを届けた。そして、笑顔でファンからの言葉に応えていた彼女に、ここでサプライズが。なんと、地元・宮崎から東京に上京し一般客としてライブに来ていた高校時代の親友が、ステージ上でバースデイケーキを手渡し! ピアノが立体的に型どられ、20歳を示す“20"の文字も立体で添えられているケーキを前に、井手の眼からは大粒の涙が。「ハッピーバースデイ!」の声が客席から起こると、涙しながら笑顔で応える。彼女にとって一生忘れる事のできないワンマンライブは、こうして無事、幕を閉じた。

井手綾香ストリートライブ概要

8月1日(木)、8月3日(土)、8月6日(火)、8月8日(木)、8月10日(土)、8月13日(火)、8月15日(木)、8月17日(土)、8月20日(火)
平日18:30~、土日祝日17:00~
場所:カリーノ宮崎 蔦屋書店前Tテラス(高千穂通沿い) 
※今後日程が追加される予定です。
※ライブの観覧は無料です。
※CDの即売、CD購入者対象のサイン会も行います。

自主企画ライブ 井手綾香 two women tour 2013 ふたりらいぶ ふたりらいふ その(2)

11月21日(木) 大阪心斎橋JANUS
11月27日(水) 名古屋ell fit's all
11月29日(金) 東京青山CAY

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング