Droog、ツアーファイナルはぶっとびぱなし!

okmusic UP's / 2013年7月23日 14時0分

2013年7月20日(土)@渋谷CHELSEA HOTEL photo by 青木カズロー (okmusic UP's)

Droogの2ndフルアルバム「ぶっとびぱなし」を引っ提げた全国ツアー【Droog やけっぱちTOUR 2013】のファイナル公演が渋谷チェルシーホテルにて開催された。

【その他の画像】Droog

今ツアーでは各地で、忘れらんねえよ / Wienners / SUPER BEAVER / SHIT HAPPENING / 撃鉄 / BYEE the ROUND / ザ50回転ズ / グッドモーニングアメリカ / キュウソネコカミ / Large House Satisfaction / THE NAMPA BOYS / 爆弾ジョニー / DOES / 黒猫チェルシー / THE BOHEMIANS、といった猛者たちと対バンを繰り広げてきたDroog。そのツアーファイナルのワンマン公演でどのようなパフォーマンスを見せてくれるのかというオーディエンスの期待が場内に満ち溢れたムードになっている。

場内が暗転しSEが鳴り響くと、ステージのセンターで「Droog」と記されたネオン菅が発光し、ステージを妖艶に照らす中、Droogのメンバーがひとりづつステージに登場し、カタヤマヒロキ(Vo)が「こんばんは、Droogです。よろしく。Are You Ready?」の言葉を合図に熱狂のライブがスタートした。オープニングを飾ったナンバーは「Happy People's」。オーディエンスもDroogに負けじと最初から激しいタテのりで盛り上がっていく。カタヤマヒロキが憧れ続けているカルト・スターの名前が次々と連呼される「カルト・スターに憧れて」や、ロックンロールへの愛をぶちまけ吐き出している「ティーンエイジ・カルチャー」などが矢継ぎ早に披露されていく。

「セックスピストルズっていうバンドが教えてくれたのは、”やりたいこと”と”やるべきこと”どっちでもいいけど、自分の信じた道を進めってこと。海の向こうのジョニーと天国のヴィシャスに捧げます。」と言ったあと「Johnny&Vicious」が披露された。中学2年生のときにセックスピストルズを聴き衝撃を受けてバンドを始めた彼らにはピッタリなナンバーだ。カタヤマヒロキは情感たっぷりに歌い上げ、荒金祐太朗(G)、多田拓斗(B)、右田智弘(Dr)の3人も想いのたけをぶつけるがごとく演奏している。荒金祐太朗(G)が「ロマンチックな夜にしよう!」と言って「Neon Sign」が披露されるとステージから大小、様ざまな風船がステージからフロアに投込まれる。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング