柴田淳、満員となった渋谷Bunkamuraオーチャードホールで全国ツアーに幕

okmusic UP's / 2013年7月27日 17時0分

7月25日@東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホール (okmusic UP's)

シンガーソングライターの柴田淳が、昨年リリースした自身初のカバーアルバム『COVER 70's』と今年リリースしたオリジナルアルバム『あなたと見た夢 君のいない朝』を引っ提げたコンサートツアー「柴田淳 CONCERT TOUR 2013 月夜PARTY vol.4」の最終公演を、7月25日に東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて行った。



【その他の画像】柴田淳

柴田淳がリリースしたカバーアルバム『COVER 70's』。今作のヒット覚めやらぬまま、最新アルバムをリリースしての今ツアーは、ファンの期待も高く、最終日のこの日もチケット即日完売で会場を満席に埋め尽くした。

東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールで行われたこの日のステージは、あまりにストレートでリリース当初から話題を生み、今尚多くのファンから支持されている2007年のシングル「HIROMI」からスタート。淡い色遣いのドレスに身を包み登場した柴田が歌い始めると、満員の客席からは大きな拍手が沸き起こった。
そして早速、「雲海」、「ノマド」となど最新オリジナルアルバム収録曲を初披露。柴田のジャジーな曲では定番の「かなわない」の後には、カバーアルバムから「スカイレストラン」を初披露し、大人な雰囲気で会場を包み込む。

MCでは、埼玉・宮城・福岡・大阪・名古屋・そして東京と全国を廻って来た今回のツアーに想いを馳せ、"今日でツアーは最後なので、一曲ずつ終わりに近づいているんだなぁ…と思うと寂しい気持ちでいっぱいですが、最後まで笑って歌い切りたいなと思います"と笑顔を見せた。彼女自身が泣きながら作った曲と語り、彼女の切ない表情をワンカットで撮影したミュージックビデオでも話題を呼んだ、最新オリジナルアルバムのリード曲「あなたの手」へ。そのままカバーアルバム収録曲「青春の影」を歌い切ると、いったん袖へ。

今ツアーのバンドマスターである坂本昌之を除く全員がインストゥルメンタルバンドC.C.Kingのメンバーだったことから、ここで彼らの一曲を披露。柴田不在のステージを、瞬く間に彼らの世界へと誘い、もうひとつのコンサートを味わっているのではと思うほどのパワー溢れるサウンドとカラーで、満席の客席を盛り立てる。

漆黒のドレスを纏って再登場すると、「異邦人」、「みずいろの雨」、「飛んでイスタンブール」、「東京」、「あなた」と、カバーアルバム収録曲をメドレーで披露。色っぽい!と飛び出したファンの声に、"ありがとうございます。もうそろそろ、色気も出ないといけない年ですからね(笑)"とはにかんだ表情をのぞかせた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング