感動のフィナーレ!クインシー・ジョーンズ32年振りの来日公演レポート

okmusic UP's / 2013年8月2日 20時0分

7月31日@東京国際フォーラム ホールA photo by 矢部志保/PROMAX (okmusic UP's)

今年80歳となる音楽プロデューサー、クインシー・ジョーンズの32年振りとなる来日公演が7月31日(水)と8月1日(木)、東京・国際フォーラムで行なわれた。

第1部は亀田誠治がプロデュースするトリビュート・パート。『この曲に出会ってなかったら、今の自分はない』と絢香はマイケル・ジャクソンの「Human Nature」を、Kは『最初に耳コピした曲です!』ピアノの弾き語りでジェームス・イングラムの「One Hundred Ways」を、間奏ではMJハットを被ってダンスも披露したBoAは「Beat It」と、各々が自身の思いの詰まったクインシーゆかりのナンバーを歌う。土岐麻子(7月31日出演)はヘレン・メリルの「You'd Be So Nice Come Home To」を、JUJU(8月1日出演)はサラ・ヴォーンの「Misty」を、小野リサは「One Note Samba」と、クインシーがプロデュースしたジャズやボサノバ・ナンバーを歌い、それぞれの個性が表れた面白い選曲だった。三浦大知は4人のダンサーと共に、MJメドレーを披露。5000人のオーディエンスは圧巻のダンス・パフォーマンスに釘つけ。8月1日の公演ではゲストにMIYAVIが加わり、ギターとダンスのコラボで会場内から大喝采を浴びた。各々がクインシー関連のカバーをするなか、小曽根真は凄腕のミュージシャンが揃ったビッグ・バンド No Name Horses を率いてオリジナル・ナンバーを披露し、ジャズの神髄を見せつける。

異色だったのはMIYAVI × 沖 仁 × 上妻宏光(8月1日出演)の3人。ボーカル・ナンバーである「愛のコリーダ」をスラップ奏法ギター、フラメンコ・ギター、津軽三味線で、火花を散らすような熱すぎるコラボレーションで演奏。まさに音楽の格闘技を見てるようで、オーディエンスの土肝を抜いた。ラストは、ゴスペラーズが懐かしのディスコ・ソウルナンバー「Stuff Like That」を歌うと、観客は総立ちとなり、約80分のトリビュート・パートは終了。クインシーはこのパートを舞台下手袖に座ってじっくりと見ていた。『演奏中は舞台袖を見ないように意識してました!』とKがMCで語っていたように、パフォーマンスする側にとっては、クインシー学校の入学試験を受けてるような極度の緊張とプレッシャー状態だったようだ。

30分の舞台転換を挟んで、クインシー・パートが始まったのは21時過ぎ。クインシーのこれまでの軌跡をまとめたVTRが上映された後、幕が下りると待ちに待ったクインシー・ジョーンズが両手を挙げてステージに立っている。会場内は割れんばかりの歓声に包まれ『コンバンワ!ヨーコソ、ミナサン。オネガイシマス!』と日本語で挨拶し、指揮台に移ってタクトを振り下ろす。オープニングはスタンダード・ナンバーの「Air Mail Special」。ニッキー・ヤノフスキーの軽快なスキャット・ボーカルで始まり、ビッグバンドがゴージャスなサウンドを奏でる。続いてヒット曲の「キラー・ジョー/Killer Joe」。クインシーの指揮は80歳とは思えない程力強く、リズミカルだ。3曲目にはキューバ生まれの鬼才ピアニストが率いるアルフレッド・ロドリゲス・トリオが登場。ここからは、現在のクインシーが育てる若手ミュージシャンのコーナー。16歳の少年ギタリスト、アンドレアス・ヴァラディ、日本人のNATSUKOも参加するアジア5ヶ国選抜女性ユニットのBlush、弱冠12歳の天才少女ピアニスト、エミリー・ベアーに、門下生筆頭のカナダ出身の19歳ジャズ・シンガー、ニッキー・ヤノフスキーと、次世代を担うであろう若い才能が瑞々しい演奏を続ける。登場した7組の若手の殆どはジャズがベース。ソウル、R&B、映画音楽と様々なジャンルを手がけたクインシーだが、80歳となって自身のキャリアの出発点となったジャズへ原点回帰しているのだろうか。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング