レディー・ガガを手掛けるニコラ・フォルミケッティがプロデュースするオーディション開催

OKMusic / 2013年8月3日 13時0分

「POP ICON PROJECT TOKYO」会見 (okmusic UP's)

(株)フェイスと日本コロムビア(株)は、レディー・ガガのファッション・ディレクターとして活躍中のニコラ・フォルミケッティ氏と共同で、世界に向けてヒットアーティストを創出するオーディション『POP ICON PROJECT TOKYO』を実施することを発表した。

【その他の画像】Lady GaGa

ニコラ氏は「生肉ドレス」に代表されるレディー・ガガの奇抜かつ先鋭的なファッションを手がけてきた世界的クリエイター。静岡出身の日伊ハーフで、出身地日本の新しい才能を探し出し、大好きな日本に元気を与えるアーティストをプロデュースしたいと買って出たもの。

このオーディションは10歳から25歳の女性を対象に、世界に通用するヒット・アーティストを発掘するというもので、合格者はニコラ氏のプロデュースにより、ファッショナブルで最先端のトレンドを持った、時代のアイコンとなるアーティストとして世界に向けてデビューすることになる。ニコラ氏は「こういうプロジェクトを以前から凄くやりたいと思っていて、世界でファッションの仕事をやっていく中で日本との関係を強くしたいと思っていました。音楽は僕の仕事の中でいつも大事なものなので、それを前面に押し出すのは初めてですが、日本から面白いものが発信できると思うし、若い子たちのフリーな考え方を尊重してあげたい」と話した。

会見にはニコラ氏の大ファンだというモデルの鈴木奈々もニコラ氏のスタイリングした衣装に身を包んで登場し、透明なビニール傘差素材を使った、レディー・ガガならぬレディー・ナナ・ファッションを披露した。ニコラにスタイリングしてもらった衣装に鈴木も「私もびっくりですよ。本当こういう衣装は初めてなので、ビニール傘とセロテープですよ~。でも友達のモデルさんに言ったらすごい羨ましがられました。フィアンに見せたいです。あ、婚約したので彼氏からフィアンになりました。凄く惚れてくれちゃうと思います。」と彼氏とのラブラブぶりをアピール。ニコラに「ウェディング・ドレスをデザインしてあげるよ」と言われ、「え~、光栄ですけど、もったいない」と恐縮していた。ニコラ氏は今回のスタイリングについて「いつもあまり考えず感性でスタイリングするんです。今日も彼女をパッと見て、白い衣装とビニールがイメージできて、スタイリングしました」と裏話を披露した。ニコラ氏に「これからも仕事一緒にしましょう」と言われた鈴木は「え~本当ですか、みんなに自慢しちゃおう。何しろガガ様は神様ですから」と、突然のオファーに舞い上がっていた。

最後にニコラ氏が「このプロジェクトをどんどん広めて行くので応援してください」と話すと、鈴木も「応援します!」と力強く応えた。

なお、オーディションの応募受付は9月末までとなっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング