BABYMETAL、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013』に初降臨

okmusic UP's / 2013年8月6日 14時0分

8月4日(日)@国営ひたち海浜公園 photo by Taku Fujii (okmusic UP's)

「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成されたメタルダンスユニット・BABYMETALが4日(日)、国営ひたち海浜公園で行われた『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013』に出演した。

【その他の画像】BABYMETAL

今年の夏、大型ロックフェスティバルに続々と出演が決定し、各地で「メタル旋風」を巻き起こしているBABYMETALが、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013』に初降臨。今年から倍以上のサイズに大きくなったDJ BOOTHではあったが、BABYMETALファンから初めて観る人まで、様々なオーディエンスが押し寄せ、会場内に入りきれないほど膨れ上がり、もの凄い熱気で満ちあふれていた。

「さくらさくら」のメロディーによるキツネブレイクダウンのSEでライブがスタートすると、先に骨バンドが登場し、テント内から溢れかえっているオーディエンスを煽ると大歓声とたくさんのキツネサインが掲げられる。BABYMETALが登場し、BABYMETALのロゴを背負ったビッグタオルを振り払って「メギツネ」からライブがスタート。

1曲目から「ソレ!ソレ!」と一気に高揚感は加速し、続く「いいね!」の中盤のラップパートでは、SU-METALの「ロッキンジャパン!」というコールに対してYUIMETALとMOAMETALと一緒に「ロッキンジャパン!」とオーディエンスもレスポンスし、早くも会場が一体化していく。「Catch me if you can」ではフロアに左回りのサークルが発生し、「ド・キ・ド・キ☆モーニング」では「リン!リン!リン!」の大合唱。ライブが進むに連れて、ステージ上とフロアの熱気はグングンと上昇したまま冷めること無く、テント状の会場の影響もあってか、BABYMETALメンバーもファンも汗だくのサウナ状態になっていく。

「ヘドバンギャー!!」では、“ベビーヘドバン“と呼ばれる横に首を振るヘッドバンギングや"土下座ヘドバン"など、メンバーのパフォーマンスを真似して盛り上がる観客が大発生。途中YUIMETALとMOAMETALがお立ち台に上がり、CO2を豪快に振り撒きながら「まだまだ足りないよ!もっともっと!」とフロアを煽ると、オーディエンスも負けまいと声を張り上げる。そしてラスト「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のイントロが鳴り始めると、フロアの中にはいくつもの巨大サークルができ、"ウォール・オブ・デス"が発生。強靭かつ華麗なパフォーマンスに応えるように、遠くまで広がるオーディエンスの“ダメジャンプ"の光景は圧巻そのものであった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング