マキタスポーツ、フリーライブサーキット開催発表!

okmusic UP's / 2013年8月12日 11時0分

マキタスポーツ (okmusic UP's)

マキタスポーツがフリーライブサーキットを各所で開催する事を、自身の企画USTREAM番組【夏季集中音楽講座「マキタ学究 J-POPの軌跡」】最終回の配信中に発表した。

【その他の画像】マキタスポーツ

このフリーライブはデビューアルバム『推定無罪』の発売を記念して行われ、バンド“マキタ学級" を率い、お馴染みの「作詞作曲ものまね」や「ヒット曲の法則」楽曲から、"諸般の事情“によってアルバム未収録となっているレア楽曲まで通常のフリーライブでは味わう事の出来ない盛りだくさんの内容を予定。 アルバムタイトルにちなみ、『推定無罪~マキタスポーツ公開裁判フリーライブ~』と称し、“架空の音楽裁判"で証言台に立つ“マキタ被告"の様子が描かれた衝撃的なジャケット写真同様、“マキタ被告"自身は今回の公開裁判フリーライブでのパフォーマンス通し自らの“無罪"を直接主張していくものと思われ、今後の"判決“にも多大な影響を与える重要なイベントとなりそうだ。以下はマキタスポーツの主張。

『僕のやっている「作詞作曲ものまね」は、アーティストの音楽的特徴をものまねするものなんですが、「替え歌じゃないか!」とか「本物に失礼だ!」とか異を唱える向きが多くあります。でも、これは言ってみれば、サンプリングとかチョップとか、ヒップホップ周りにあった論争と同じなんです。今回のアルバムは脱法的作品として面白い展開になりそうですが、これをポップフィールドでお笑い側から問題提起するからややこしいんです。そもそも音楽的に「笑えるもの」と「感動する」ものの違いって説明できるのでしょうか。僕は日本のポピュラーミュージックにおいてオリジナリティとは何か?ということを改めて問題提起したいと思っています。』(マキタスポーツ)

まずは、“マキタ被告"の「推定無罪」を裏付ける唯一の物的証拠品と言われているアルバムを手に、是非当裁判の“証人"として、その耳と目で当“音楽裁判"の行方を見守っていこう。

■【フリーライブ情報】『推定無罪~マキタスポーツ公開裁判フリーライブ~』

第一回公判 8月22日(木) 17:00~ 東京 渋谷 マルイシティ渋谷 店頭プラザ
第二回公判 8月24日(土) 17:00~ 埼玉 越谷 イオンレイクタウンkaze「翼の広場」
第三回公判 8月25日(日) 14:00~ 東京 お台場 Diver City Tokyo Plaza フェスティバル広場
第四回公判 9月01日(日) 13:00~ 大阪 阿倍野 あべのHoop 1Fオープンエアプラザ
第五回公判 9月01日(日) 17:00~ 大阪 梅田 タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペース
第六回公判 9月08日(日) 12:00~ 東京 新宿 タワーレコード新宿店 7F(集合場所 7Fエレベーター横階段)

■マキタスポーツ レコ発ワンマンツアー『推定無罪~俺はわるくない』

9月06日(金) 広島 クラブクアトロ 
9月13日(金) 新潟 ゴールデンビッグス レッドステージ
9月20日(金) 名古屋 TIGHT ROPE
10月04日(金) 新宿 LOFT

■全知全能を燃やし尽くせvol.11~マキタスポーツレコ発記念~

8月31日(土) 京都磔磔
出演:マキタスポーツ(マキタ学級) / マッカーサーアコンチ/ ゴールデンローファーズ

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング