SOPHIA、新曲「WHITE」も披露された活動休止前ラストライブ

okmusic UP's / 2013年8月13日 13時30分

8月12日@日本武道館 (okmusic UP's)

12日、5人組ロックバンドSOPHIAの活動休止ラストライブとなる「SOPHIA TOUR 2013 未来大人宣言」最終公演が日本武道館で開催された。

【その他の画像】SOPHIA

もともと8000人規模のステージを予定していたが、活動休止の発表後「一人でも多くのファンに同じ時間を共有してもらいたかった」というメンバーの意向でプランを変更。猛暑の中、12000人にまで膨らんだ満員の観客が集結した。

彼らのライブではおなじみのオープニングナンバー・エディットピアフ「愛の賛歌」が流れた後、「とうとうこの日がきてしまいました、8月12日!」(松岡) 上京後始めてのライブで演奏したという思い出の「Eternal Flame」からスタート。松岡の饒舌なMCも絡め「Believe」「黒いブーツ~oh my friend~」「街」「HARD WORKER」「KURU KURU」など、過去から現在の曲へ駆け上がるようなセットリストが演奏されていく。

「ヒマワリ」では、舞台中央から客席に向けて作られていた階段が、多くの関係者から贈られた無数のヒマワリで埋め尽くされている姿があらわに。ここで途中のMCでこの日は松岡が誕生日ということで、サプライズケーキが出現したりと凝縮された全28曲・約3時間半に及ぶライブはまったく時間を感じさせずあっと言う間に過ぎていった。

「未来大人宣言」の直前では、「どれだけ『ありがとう』と言っても、言い切れないほど感謝です。あなたたちと出会わなければSOPHIAというバンドはこんなに続かなかったでしょう。都のガンがあって、初めて活動を休止しなければならなくなったけど、都はそれを乗り越えて元気になりました。それができたから…自分たち自身で休止したいと思ったのかもしれません。もっともっと音楽を大切にしたい。そんな思いで、一度まっさらに戻ってみたいと思いました。流れていく時に自分たちでストップをかけました。20周年じゃなくて19年でっていうのも俺ららしいだろ?(笑)」「明日からは心の中のSOPHIAを糧にまたそれぞれの道を歩いていこう。前に進んでたら、また絶対会えるよ」と熱く語った。

ライブ終盤。普段はメンバーたちの挨拶で終わる彼らのライブだが、この日はさらにもう1曲、松岡のアカペラから始まる新曲「WHITE」をパフォーマンス。会場にはスノーマシンによって季節はずれの雪が降り積もる。アーティストとしては冬眠するようなものかもしれないが、きっと春は訪れる。そんな希望を感じさせるラストだった。来年がバンド結成20周年となるSOPHIA。そう遠くない未来にまた彼らに出会える日が必ず来る。そんな確信にも近い思いがめぐるライブであった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング