劇場版「鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~」 主題歌にm-flo+daoko!

okmusic UP's / 2013年8月20日 18時0分

映画『鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~』 (c)鷹の爪GO製作委員会(okmusic UP's)

鷹の爪の新作映画「鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に、m-flo+daokoの「IRONY」が起用された。

【その他の画像】m-flo+daoko

これまでにもイギリスの注目バンドtheHOOSiERSや、“奇跡の歌声”スーザン・ボイルなど、異色のコラボレーションで注目を集めてきた「鷹の爪」劇場版シリーズ。「鷹の爪史上最高に泣ける!」と謳われている本作では、m-floと現役女子高校生ラップ歌手daokoによるユニット“m-flo+daoko”とのタイアップが決定した。かねてよりFROGMAN監督のファンだった☆TakuのDJイベントに監督が来場し、「何か一緒に仕事が出来たらいいな」と意気投合。監督からの駄目元のオファーで、今回の起用が実現した。

楽曲を聴いたFROGMAN監督は、「m-floの懐の深さと感性の鋭さには脱帽しました」「木漏れ日、憧憬という非常にデリケートで微妙なニュアンスを伝えていましたが、それらを余すことなく再現されてました。」「ささやかな幸福感と寂寥感、悲しいような希望があるような、いろんな感情がない交ぜになった雰囲気。」とコメント。

また、☆Takuの「最近気になっていたアーティストがいて、凄く合うと思う!」という一言で抜擢されたdaokoは「聴いていて心地の良い曲だなと感じました。予想外の組み合わせで不安もたくさんあってどんな楽曲に仕上がるのかドキドキしていたのですが、完成したものを聴いてドキドキがワクワクに変わりました」と歓喜した。

VERBALは「FROGMAN監督の作品にも見られるような一瞬ハッとするような毒(ウィット)やとがった表現を盛り込んでみた作品に仕上がっています!」「久しぶりにメロウな曲調に仕上がり、初期のm-floの懐かしさに今のm-floのエッセンスをプラス出来た満足いく作品になりました!」と意気込みを語った。

「IRONY」は配信限定となっており、ジャケットはFROGMAN監督による特別描き下ろし。楽曲はYoutubeのm-floチャンネルにて公開中なので、待ちきれないファンはチェックしよう。

詳しい配信情報は下記の通り。

■デジタルシングル「IRONY」

アーティスト名:m-flo + daoko
配信日:2013年9月11日(水)
iTunes、レコチョク他配信限定リリース

■「IRONY」
http://youtu.be/R1J0K0Tgj9U

■「鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~」

2013年9月13日 全国ロードショー
監督・脚本・キャラクターデザイン・声の出演:FROGMAN
キャスト:河北麻友子/稲川淳二/鈴木あきえ/とーやま校長・よしだ教頭(SCHOOL OF LOCK!)/上野アサ/佐野史郎
メカデザイン:大山のぶ代
メカ&キャラクターデザイン原案:カプコン「モンスターハンター4」制作チーム
音楽:manzo
制作:DLE
製作:鷹の爪GO製作委員会
配給:東宝映像事業部
(c)鷹の爪GO製作委員会

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング