THE BAWDIESのギタリスト・TAXMANが米国フェンダーとエンドースメント契約締結!

okmusic UP's / 2013年8月23日 20時0分

TAXMAN(THE BAWDIES) (okmusic UP's)

THE BAWDIESのギタリスト・TAXMANが楽器メーカーの米国フェンダー・ミュージカル・インストゥルメンツ・コーポレーションエンドースメント契約を結んだ。

【その他の画像】THE BAWDIES

契約に際し、フェンダー・アジアのマシュー・ウエスタンは「フェンダーは新たに素晴らしいファミリーを迎え入れることができました。テレキャスターは、フェンダーの歴史を切り開いた大切なエレキギターです。TAXMANの素晴らしいパフォーマンスを通じて、その魅力を日本の皆さまにお伝えできることを嬉しく思っています。」(マシュー・ウエスタン)とコメント。

また、TAXMANも「僕の敬愛するギタリストは決まってFENDERを愛用している。 その偉大なギタリスト達の背中を追って今のBAWDIESの自分があると思っています。 今回の出来事は人生で最高の瞬間。愛するTELECASTERと共にこれからも進み続けます!KEEP ON ROCKIN'!!!!」と意気込みを語った。

これからフェンダー社は、TAXMANのアーティスト活動を全面的にサポートしていくことになる。信頼のおけるパートナーと躍進し続けるであろう彼らの今後に期待しよう。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング