THE MICRO HEAD 4N'S、結成2周年の日に恵比寿リキッドルームでワンマンを成功

okmusic UP's / 2013年9月2日 12時0分

8月24日@LIQUIDROOM photo by 土屋 誠 (okmusic UP's)

2011年8月の結成以来、精力的にライヴ活動を続け、1stアルバム『A BEGINNING FROM THE END.』を引っさげての全国ツアーと初のEUツアーを大成功に収めたTHE MICRO HEAD 4N'S。2013年3月9日の凱旋公演をもって第一章の幕を閉じたバンドは、2ndアルバム『-REVERBERATIONS-』のレコーディングを開始。東京・恵比寿のLIQUIDROOMで行われた今回の公演は、新作発売後初の東京ワンマンで、東名阪ツアーのファイナル、しかも、記念すべき結成2周年の日とあって、ライヴ開始前から会場はお祝いムードに包まれていた。

【その他の画像】THE MICRO HEAD 4N'S

フロアの照明が暗転し、ニューアルバム『-REVERBERATIONS-』の冒頭を飾る“Second Emblem"が流れ出すと、この瞬間を待ちわびていたファンから大歓声が沸く。ダンスビートがより激しくなり、ファンの興奮が高まったところで、ついにメンバーがステージへ姿を現した。全員、新作のアートワークやMVで見せる、黒を基調とした衣装に身を包むも、赤やピンクの髪飾りとエクステがエレガントなRicky(vocal)、kazuya(guitar)、ZERO(bass)、TSUKASA(drums)とは対照的に、SHUN.(guitar)は目を合わすのがためらわれるほど威嚇的なメイクアップで登場!

SEが終わりに近づいたところでギターリフがザクザクと刻まれ、“雷鳴"がスタート。Rickyの艶かしいヴォーカルと見事なコントラストを作り出す、轟くようなTSUKASAのドラムにのっけから圧倒される。その凄まじい勢いのまま“GLORIOUS BLAZE"へ。激しさと美しさが交錯する重くハードなサウンドに、フロアを埋め尽くすクローンたちがヘドバンで応酬。続く“WHITE SOUL"では、バンドが放つ並々ならぬパワーを受け止めようと、観客の手が大きく空を舞う。

一気に3曲をたたみかけたあと、「帰ってきたぜ、東京! 暴れまくろうぜ!!」というRickyの投げかけに拍手喝采が巻き起こり、そのまま“I'm like a bird in a cage & U too"へ突入。Ricky、kazuya、SHUN.、ZEROの4人がステージ前面に乗り出し、フロアを煽りまくる。続く“UN-CONTROLLED"のラウドで猥雑な音像に、観客のボルテージがさらに上昇したところで、MCへ。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング