ユーミンが日テレ系水曜ドラマ「ダンダリン 労働基準監督官」の主題歌を担当

okmusic UP's / 2013年9月4日 14時0分

松任谷由実 (okmusic UP's)

10月2日(水)からスタートする日本テレビ系水曜ドラマ「ダンダリン 労働基準監督官」の主題歌を松任谷由実が担当する事が決定した。

【その他の画像】松任谷由実

ドラマは、日テレでの連ドラ初主演となる竹内結子さん演じる、労働基準監督官・段田凛(ダンダ・リン)が働く人たちを守るために必死になって働く物語。

主題歌は、ドラマの内容をベースに書き下ろした新曲「今だけを きみだけを」。ドラマのテーマをポップソングに落としこんだ、これぞユーミンの心真骨頂ともいうべきアップテンポのせつない楽曲となっている。ユーミンが日本テレビのゴールデンタイムの連続ドラマの主題歌を担当するのは、95年10月クール放送の「たたかうお嫁さま」の主題歌『輪舞曲(ロンド)』以来、18年振りのことである。

今回、このドラマ主題歌を制作するにあたって、ユーミンは「“今だけを きみだけを"それはきみとの未来に希望を感じるため、きみとの思い出を大切にするため、そんな想いと主人公の日々とを重ねあわせてこの曲をつくりました。」とコメントしている。

また、ユーミンに主題歌を依頼した理由を番組プロデューサーの三上絵里子さんは「自分の信念をつらぬくって難しい、だけどブレないように、頑張って今日も自分のやるべきことをやる。そんな主人公を描いて、見て頂けた方々がちょっとでも「明日も頑張ろう」と思っていただけるようなドラマを届けたいと思った時に、ユーミンが頭の中で鳴りました。ユーミンの身体中に届く歌声とメロディで、ドラマのメッセージを後押しして頂きたい、と。初めてデモを聞かせて頂いた時は、思わず眼をつむりました。「今」を過ごす私たちの身体中に、この曲が届くのが楽しみです。」 と語っている。

この新曲「今だけを きみだけを」が本日、午後10時からの日本テレビ系水曜ドラマ「Woman」の番組終了後にオンエアーになるのでお見逃しなく!

okmusic UP's

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング