吉田山田、新曲「魔法のような」MVで本格的なアニメーションの作画に挑戦

okmusic UP's / 2013年9月13日 17時0分

新曲「魔法のような」PV (okmusic UP's)

10月9日にリリースされる吉田山田の新曲「魔法のような」のMVが公開された。

【その他の画像】吉田山田

今回は、“言葉じゃ伝わらない思いを歌で伝えたい"という楽曲に込められた思いにちなんで、メンバーの山田義孝が本格的なアニメーションの作画に挑戦。自分の書いた歌詞の世界を、アニメの原画で表現して いくという気の遠くなるような作業に三日三晩かかりきりになり、約2000枚にも及ぶ原画を完成させた。

10月はリリースを記念したイベントを全国各地で開催。また、10月27日には「大阪マラソン2013」でマラソンにも初挑戦する。詳細は随時更新される予定なので、ファンはオフィシャルサイトの続報を見逃さないようにしよう。

【吉田山田・山田義孝 コメント】
歌を作る時、いつもぼくは頭の中に浮かんだ沢山の楽器の音と、メロディを鼻歌に変えて 録音機に吹き込みます。それと同じように頭の中に沢山のキャラクターや風景や形が、小さい頃から毎日浮かび続けています。それを気がつくと自然と毎日絵に 変えて描いていました。小さい頃、「自分はきっと漫画家になるんだ」と勝手に思っていました。今回、一番始めに曲が頭の中で出来た時、頭の中 に描かれていた不思議で素敵な世界に僕は感動しました。それをとにかく形に変えたかった。この曲と出逢った人の心の中にある「淋しさ」を塗りつぶしたい。そう思いました。そして「僕の頭の中を覗き見して欲しい」という気持ちで描きました。
今回、アニメーションの作画をした感想は、 一言で言うならば「興奮」しました。とにかく本格的にアニメーションを描くのが初めてで独学で描きました。だけど絵を描くのがとにかく楽しくて毎日時間を忘れて気が付けば朝までホテルで絵を描いて、そのままライブに向かうという日々。初めて自分の描いた膨大な量の絵をつなぎ合わせた時、鳥肌が立ちました。
曲と同じように僕にとってはとても愛しい命を持った「友達」です。

【モリ☆カツ監督 コメント】
今回のミュージックビデオは、誰もがむかし書いていたラクガキのようなアニメーションで、 どこか懐かしいハートウォーミングな香りを表現したいと思いました。
日頃からTwitterで山田くんはイラストをポスティングしていたの で、思い切って今回のアニメを依頼してみました。結果、数千枚の絵を書いてもらい、想像以上のアニメが出来上がりました。
映像をご覧になって 頂ければわかりますが、楽曲と同じぐらい暖かい作品が出来たと思います。これからはポスト鉄拳さん!?として音楽にも、アニメにも、頑張って ほしいです!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング