やくしまるえつこが新作インスタレーションを豊田市美術館「反重力」展で発表

okmusic UP's / 2013年9月15日 15時0分

やくしまるえつこ (okmusic UP's)

14日に愛知県豊田市美術館で開催された「反重力」展にて、やくしまるえつこが新作インスタレーション「Λ Girl」(ラムダガール)を発表した。

【その他の画像】やくしまるえつこ

「反重力」展は、“重力に抗する力で、創成時の宇宙にインフレーションを起こし、今日の宇宙を加速膨張させている"といわれている「反重力」をテーマにした展覧会。加速度的に非物質化していく現在の社会を反映し、身体や生活を規定してきた枠から逃れるものとして「反重力」という言葉を掲げている。

そして、やくしまるの新作インスタレーション「Λ Girl」とは、同調回路を外したゲルマニウムラジオの音が流れる72個のスピーカーが吊り下げられた空間で、中央に設置されたモニター内のΛガールが鑑賞者から遠ざかるように行動し、同時に鑑賞者から最も遠い場所にΛガールの声が出現する作品。

この展覧会は12月24日まで開催されており、やくしまるを含む16人の作家が出品している。

■「反重力 浮遊│時空旅行│パラレル・ワールドAnrigravity」

9月14日(土)〜12月24日(火) 豊田市美術館
休館日:月曜日
*9月23 日、10月14 日、11月4 日、12月23日は開館
開館時間:午前10時-17:30(入場は17時まで)
*10月12日、10月13日、10月14日は午後8時まで開館
観覧料:一般¥1,000 (¥800 )/高校・大学生¥800(¥600 )/ 中学生以下無料
()内は前売券及び20 名以上の団体料金/市内高校生、障害者及び市内75歳以上は無料

出品作家:レアンドロ・エルリッヒ Leandro ERLICH/平川紀道 Norimichi HIRAKAWA/カーステン・ヘラー Carsten HOLLER/河原温 On KAWARA/ジルヴィナス・ケンピナス Zilvinas KEMPINAS/クワクボリョウタ Ryota KUWAKUBO/松澤宥 Yutaka MATSUZAWA/毛利武士郎 Bushiro MOHRI/エルネスト・ネト Ernesto NETO/内藤礼 Rei NAITO/中原浩大+井上明彦 Kodai NAKAHARA + Akihiko INOUE/中村竜治 Ryuji NAKAMURA/中谷芙二子 Fujiko NAKAYA/奥村雄樹 Yuki OKUMURA/佐藤克久 Katsuhisa SATO/やくしまるえつこ Etsuko YAKUSHIMARU

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング