『SHORT MOVIE CRASH』先行上映会で舞台挨拶&ミニライブイベント開催

okmusic UP's / 2013年10月30日 13時0分

Chicago Poodle (okmusic UP's)

“もっと自由な創作を。もっと新しい発見を。もっと世界に発信を。”をテーマとしたショートムービープロジェクト『SHORT MOVIE CRASH』の先行上映会が、10月26日(土)に東京・お台場メディアージュにて開催された。


【その他の画像】COMA-CHI

『SHORT MOVIE CRASH』とは「映像クリエーター」と「音楽アーティスト」が作品のテーマからお互いの感性、個性、主張をぶつけ合い、様々な化学反応を起こしながら1つのショートフィルム制作するショートムービープロジェクト。新しい興行形態やTUNECOREといった配信システム、クリエーターへの利益還元と発掘&育成支援、世界視野でのコンテンツ配信への試みにもチャレンジし、2カ月ごとに1作品を制作する予定となっている。

この日、舞台挨拶に登壇したのは、「Return of the bad girl」の藤井道人監督、「柩」の門馬直人監督、「ノアの箱車」の清水健太監督の3人を始めとして、各作品の出演陣。

『SHORT MOVIE CRASH』について、印象に残っていることを聞かれた藤井道人監督は「まずは(COMA-CHIの)ライブを見せていただいて興奮し、その勢いで作り始めた。」とコメント。また、企画について感想を聞かれた門馬直人監督は「家族をテーマに書きたかった。書いてもらった脚本をChicago Poodleさんに読んでもらい、曲をうんでもらった」と話し、清水健太監督は「10年前、僕はここでチケットのモギリをしていた」というエピソードを披露、そして「DE DE MOUSEさんは個人的にも好きで今回は普通こんなところでは使われないようなところに曲を使用したりと、いい意味でのギャップを楽しんでもらえたらいいな」と語った。

「柩」の主役を演じた麻亜里は「家族っていいな、人っていいなという気持ちになってもらえたらいいなぁと。 身近にいるご自身の家族の事を思ったりしてみていだたけたら嬉しい」と語った。

舞台挨拶に引き続き行われた先行上映では、「SHORT MOVIE CRASH 2013 1st Crash」のラインナップである、藤井道人監督×COMA-CHIの「Return of the bad girl」、門馬直人監督×Chicago Poodleの「柩」、清水健太監督×DE DE MOUSEの「ノアの箱車」の3作品が上映された。

そして、上映終了後には、Chicago PoodleとDE DE MOUSEの2組による生ミニライブが敢行された。これはお台場シネマメディアージュ初の試み。DE DE MOUSEとChicago Poodleは、それぞれ映画のテーマとなった「milkyway planet」」や「Wish」を含むライブを披露。映画館が突如ライブ会場に早変わりし、劇中で使用された楽曲がそのまま生のパフォーマンスとして再現されると、映画のシーンとリンクし、涙する観客もいた。集まった観客たちも大きな拍手と声援をおくり、大きな盛り上がりを見せていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング