ゆず、ニューシングル「雨のち晴レルヤ / 守ってあげたい」のMVを2作同時公開

okmusic UP's / 2013年11月1日 10時0分

MV場面写真 (okmusic UP's)

11月13日に発売されるゆずの両A面シングル「雨のち晴レルヤ / 守ってあげたい」のMVが、YouTubeにて公開された。

【その他の画像】ゆず

NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』の主題歌として着実に認知度を上げている「雨のち晴レルヤ」のMVを手がけたのは、唯一無二の世界観を持つ女性写真家で映画監督も務める蜷川実花氏。ゆずとは2007年に発表された楽曲「明日天気になぁれ」のMVを手がけて以来、6年ぶりのタッグとなる。

本作では、楽曲の持つ、哀愁と叙情感ある和テイストと、大正~明治時代の空気感や旧き良き日本の文化性を昇華。スタジオに舞台セットを特設し、楽曲の展開にあわせリアルタイムに舞台がめまぐるしく変化する中、人ごみの喧噪にまぎれ登場するゆずを皮切りに、なにげない人々の生活や表情に触れ、自然と心が晴れやかになっていくさまを、温もり溢れるテイストと、蜷川実花氏独自の色合いで表現。映写機を用いたプロジェクションマッピングも随所に使用され、まさに過去と現代の音楽・アートが融合されたMVとなっている。また、本作では蜷川実花氏の父で演出家・蜷川幸雄氏も撮影協力として参加。蜷川組と称される実力派の役者たちが多数登場し、ゆずの脇を固めて作品の説得性をより高めている。

一方の「守ってあげたい」は、映画『ヒミズ』や『悪の教典』、ドラマ『Woman』など話題作に多数出演しブレイク中の若手女優・二階堂ふみが主演するショートムービー風MV。幼い頃からバレエに打ち込み、大舞台を夢見てひたむきに前に進んでいくものの、周囲に馴染めず孤独な女の子・ふゆ(二階堂)と、ふゆが古びたおもちゃ屋で出会い、いつも傍らでふゆを見守ってきたクマのぬいぐるみ・クマタロ。人とぬいぐるみを通して、自分が「守りたいもの」「守られていたこと」を再認識することのできる、心温まる絆のストーリー。単純なラブストーリーとは一線を画す、全世代に共感される新しいかたちの泣けるMVが完成した。

かつて何度かバレエ経験があったという二階堂だが、本作の撮影に向け、多忙な日々の合間を縫って数年ぶりにバレエの練習に励み、MV内では可憐なダンスシーンを披露。また、中盤には制服姿のまま学校のプールに飛び込む体当たりの演技にも挑戦。これまでの作品ではあまり見ることのできない、純粋さと優しさを持ち合わせた女の子を演じる。また、二階堂は同日よりiTunes、レコチョクにて先行配信される「守ってあげたい」配信限定ジャケット写真にもバレエ衣装姿で登場している。同作のメガホンをとったのは、映画『百万円と苦虫女』や『ふがいない僕は空を見た』、そして11月9日に公開される映画『四十九日のレシピ』などを手掛けた、繊細でやわらかな質感が特徴の女性監督・タナダユキ氏。ラブソングといえる楽曲を新たな視点で広げ、愛情を超えた深みのある物語を紡ぎだしている。

また、MV公開と同時に、蜷川実花氏が撮影した同シングルのジャケット写真と最新アーティスト写真も公開された。こちらも蜷川実花氏の世界観とゆずの持つ素朴な雰囲気が絶妙にマッチングした秀逸な写真になっているので、MVとともに是非チェックしてほしい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング