映画『カノ嘘』の劇中バンド・CRUDE PLAY、コラボイルミネーションをバックに初のライヴを披露!

OKMusic / 2013年11月5日 11時0分

11月3日@ダイバーシティ東京プラザ (okmusic UP's)

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の劇中に登場する話題のバンドCRUDE PLAYが、11月3日にダイバーシティ東京プラザの「Winterイルミネーション2013」の点灯セレモニーにスペシャルゲストとして登場した。

【その他の画像】CRUDE PLAY

大歓声のなかステージに登場すると、メンバー自身も想像以上のお客さんの多さに圧倒されながらも、窪田が「ありがとうございます。最高の思い出にできるようにパフォーマンスしたいと思います」感謝の気持ちを表した。

映画の撮影に向けてそれぞれ練習を重ねたというメンバー。ギターやピアノの演奏経験があるという浅香が初めて挑戦したドラムについて「他の楽器とは全然違って一番難しかったです。」と話すと、ギターに挑戦した水田は「ギターの経験はほとんどなかったので、色んなアーティストさんを見て研究しました。」、ベースのスーパープレイヤーという役どころを演じた窪田は(ベースの演奏シーンは)亀田誠治さんにマンツーマンで教えてもらった。全力でやりました。」とエピソードを披露。また、ヴォーカル役を演じた三浦は「(ボイストレーニングをしたおかげで)俳優業でも、声が枯れなくなった」と語った。

点灯セレモニーを終えたあと、映画とのコラボレーションで作られた光のモニュメント「“カノ嘘"LOVEベース」をバックにデビュー曲「サヨナラの準備は、もうできていた」を初披露。端正なルックスはもちろん、初めてとは思えない堂々としたパフォーマンスで集まったおよそ3500人の観客を魅了した。

パフォーマンスを終えたメンバーは「(お客さんの前で歌って)、生の緊張感もあって気持ちいい。」(三浦)、「緊張で指が震えたんですけど、お客さんの熱気に助けてもらいました。」(窪田)、「気持ちよくギターソロやらせてもらいました。」(水田)、「楽しかったです。(先日の収録中にやってしまったので)ドラムスティックを飛ばさないよう注意しました(笑)」(浅香)と初めてのライヴを観客とともに楽しんでいた。

また、この日から配信になった「サヨナラの準備は、もうできていた」の着うた(R)はレコチョク 着うたデイリーランキングにて初登場4位といきなりTOP5入りの好スタートを記録。先日公開された歌詞も歌ネットモバイルでは歌詞ランキングデイリー1位に輝くなどデビュー前から映画の役どころさながらのモンスターバンドぶりで、今後も彼らの活躍から目が離せなくなりそうだ。

さらに、ビクターエンタテインメントのFacebookページで映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』からデビューするCRUDE PLAY、MUSH&Co.のキャンペーンがスタート。抽選で豪華プレゼントもゲットできるチャンスなので、こちらも是非チェックしてほしい。

■シングル「サヨナラの準備は、もうできていた」

2013年11月27日(水)発売
【初回限定盤】
VIZL-617/¥1,260(税込)
<収録曲>
1.サヨナラの準備は、もうできていた
2.INSTRUMENTAL
<DVD 収録内容>
1.サヨナラの準備は、もうできていた(MUSIC VIDEO)

【期間限定スペシャルプライス盤】
VICL-36861/¥525(税込)
<収録曲>
1.サヨナラの準備は、もうできていた
2.INSTRUMENTAL

■「サヨナラの準備は、もうできていた」MV
https://www.youtube.com/watch?v=a5kArMFNSKQ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング