きゃりーぱみゅぱみゅ、宇宙がコンセプトのツアー終了!

okmusic UP's / 2013年11月24日 14時0分

11月23日(祝・土)@埼玉・大宮ソニックシティ (okmusic UP's)

きゃりーぱみゅぱみゅが11月23日(祝・土)に埼玉・大宮ソニックシティにて9月から21都市23公演をまわってきた「なんだこれくしょんツアーきゃりーぱみゅぱみゅの宇宙シアター」の最終公演を行った。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

9月から21都市23公演をまわってきた 「なんだこれくしょんツアーきゃりーぱみゅぱみゅの宇宙シアター」。今回のライブは『宇宙』がコンセプトに、観客には事前に『きゃりーぱみゅぱみゅの宇宙シアター』という物語のあらすじが描かれたパンフレットが配布された。その内容は、きゃりーぱみゅぱみゅが、大臣とペットのキューン、パワフルな宇宙ダンサーと地球を侵略しにやってきたという内容で構成。今ライブはミュージカル風にしたかったという本人の発案の元、歌唱の合間に、大臣とキューンによるお芝居を挟むというホールならではの演出が施されていた。

ライブは「なんだこれくしょん」で華々しく幕を開け、様々な色の衣装をまとった宇宙ダンサーが登場、 「インベーダーインベーダー」のイントロが流れる同時に宇宙船からブルーのドレスを着たきゃりーが登場すると悲鳴のような歓声があがった。2曲目の「くらくら」ではハタキを持っての演出を披露。本人が発案したという両手を使ったかわいらしいダンスにフロアはさらに盛り上がった。

その後、「Super Scooter Happy」「み」などアルバム『なんだこれくしょん』から数曲披露した後、再びショッキングピンクの衣装に着替え「再びイェー!!!9月から始まったこのツアーも23公演目で今日が最終日になります!いつも以上に元気な気がするので一緒に歌ってください!!!!」と現れ、 20歳のお祝いソング「ふりそでーしょん」を披露した。「きゃりーANAN」ではきゃりーは振り付け講座を行い、「みんなのうた」では手拍子を求めるなど、観客を巻き込んでライブを進行させていく。

きゃりーは老若男女が揃う客席を眺めつつ、「私ののファンの皆さんってお子さんもたくさんいて幅広いと思うんです。でも、みんな楽しいことばかりじゃなくって会社とか学校行きたくないとかあると思うけど、今日だけは全部忘れてきゃりーの世界を楽しんでください!!」とフロアの空気を和ませた。

ライブ中盤、中田ヤスタカ(CAPSULE)のトラックに乗せ演出されたダンスパート後、「ファッションモンスター」というタイトルコールと共に再び黒い衣装を身にまとったきゃりーが登場。 途中のMCでは「この衣装はブラックライトで光るようになっているんです!照明さんいつものやつをお願いします!」と、ブラックライトを点してもらうと、ドレスとヘッドアクセサリーだけが浮かび上がるという驚きの演出も。
その姿のままステージの端から端までを全力疾走し、「こうやったら洋服が走ってるように見えるでしょう!!」と会場を笑わせる一幕もあった。また、このパートではお客さんとリラックスした雰囲気の中、眺めのMCをとり、「そうだ!来週ミュージックステーションでレディ・ガガさんと競演します!アーティストとしてケイティ・ペリーさんととレディ・ガガさんみたいな生きるアートとしての存在に憧れているので本当にお会いできることを楽しみにしてるんです!」とアーティストとしての想いも語り、「にんじゃりばんばん」「つけまつける」などのヒットチューンを畳み掛けるように披露した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング