NICO Touches the Walls 、1125(イイニコ)の日史上最もロックな夜

okmusic UP's / 2013年11月27日 13時0分

11月25日@Zepp DiverCity TOKYO (okmusic UP's)

NICO Touches the Wallsが、11月25日にZepp DiverCity TOKYOにて毎年恒例の「1125(イイニコ)の日LIVE」を敢行した。

【その他の画像】NICO Touches the Walls

今年の「1125(イイニコ)の日LIVE」は、あらかじめ「NICO史上最もロックなライブをすること」を宣言していた彼ら。「1125のテーマ」から幕を開けたライブはコンセプト通り2曲目の「アビダルマ」から攻撃的なモードにシフトし、「業々」「そのTAXI,160km/h」など激しいナンバーが矢継ぎ早に披露されていく。光村龍哉(Vo, G)はシャウト混じりの熱い歌声を響かせ、古村はひずんだノイズギターで混沌とした空気を生み、坂倉心悟(B)と対馬祥太郎(Dr)は力強いグルーヴを生み出す。汗だくになりながらフルスロットルでパフォーマンスする4人に、オーディエンスはひたすら圧倒されていた。

約1時間にわたってアグレッシブなロックチューンばかりを投下したあとは、この日限定のカバーコーナーがスタート。光村は「イイニコの日ならではのことができないかなと思って用意してきました」と述べると、まずは本邦初披露となる轟音アレンジを施した山口百恵「イミテイション・ゴールド」を皮切りに、DREAMS COME TRUE「決戦は金曜日」、松田聖子「SWEET MEMORIES」を届け改めてバンドのアレンジ力の高さを証明する。その後は、ひさしぶりに披露する「武家諸法度」などを含むアップテンポなロックチューンの連投で、本編のラストナンバー「THE BUNGY」まで駆け抜けた。

1年に1度の「1125(イイニコ)の日」にちなんで、メンバーは特別なセットリストで構成したライブだけでなく、集まった観客のためにサプライズを用意。アンコールでは2014年2月5日にリリースされるベストアルバム「ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト」の収録曲が決定した旨や、2月に計20日間にわたってライブを行う新プロジェクト「ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ヒミツキチ『カベ ニ ミミ』」の始動、8月19日にキャリア2度目となる日本武道館公演を行うことをアナウンスしファンを歓喜させた。

ラストは「ロックバンドとして来年は新しい道を切り開こうと思います」と宣言し、「N極とN極」で会場のボルテージを最高潮まで引き上げる。ちなみにこの曲では光村が「次に会うときのお守りにしてほしい」と言い、ファンに写真の撮影を許可。こうして4度目の「1125(イイニコ)の日」はNICO Touches the Wallsの新しい挑戦をアピールする形で大団円を迎えた。

本日は21時より「ニコじゃん!~NICO Touches the Walls meets JAMBORiii~」第15回目の放送が生配信。BIGMAMAと[Champagne]からのスペシャルメッセージ紹介やゆるキャラ制作対決など、盛り沢山な内容となっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング