「大デモ」三宅洋平、今度はアメリカの社会派アフロビート・バンドと共闘

okmusic UP's / 2013年12月10日 12時58分

(仮)Albatrus (okmusic UP's)

週末「大デモ」と題し東京・渋谷周辺で新たなデモ活動の形を提示した三宅洋平と、彼の率いるバンド(仮)Albatrusが、今週末12月15日(日)代官山UNITで開催されるアメリカの実力派アフロビートバンド、アンチバラスの来日公演に出演する。

【その他の画像】三宅洋平

「パーティーに行くような気持ちで参加できる楽しいデモ」という新しい概念と共に、夏の参議院選挙での遊説活動などにも、ミュージシャンならではの視点を盛り込み多くの賛同を得た三宅洋平、当然ながら賛否両論の意見が分かれるなかでも若者の政治参加を促し問題提起に耳を傾ける現状を考えるとその活動が一石を投じたのは確実だ。

一方、ナイジェリア出身の黒人活動家で、アフロ・ビートを世界に広めたことでも知られるフェラ・クティの音楽を継承するアメリカ、ブルックリンを拠点に活動するアンチバラス。
ここ数年来日する機会が無く日本のファンとは疎遠となり、約8年半ぶりの来日。
当時はアンチ・グローバリゼーションを掲げ反ブッシュ政権(当時)の急先鋒として注目を浴びた彼ら、現在も「世界中の汚れた金を浄化する」といった過激なメッセージ性は健在だが、一方でフェラ・クティの伝記的ミュージカル『FELA!』の音楽を担当するなど、音楽的にも充実期を迎えている。

そんな二組が一夜限りの「共闘」が実現、国は違う両雄だが、音楽を通じ訴え続ける姿勢や、現在の民主主義の在り方へ物申すスタンスは共通するものがあり、バンド入り乱れての共演も多いに期待される。

なおアンチバラスは、12月15日の東京公演に先駆けて、福岡ROOMSでの公演を行うことが決定している。

ニュース制作提供:Fonoscape Madia

■<イベント情報>

【Antibalas Japan Tour 2013 福岡公演 @ROOMS】
2013年12月13日(金)

LIVE:
Antibalas(From NY)
OPENING ACT:FOLIKAN(FUKUOKA)
DJ:
TATSUISHI(Kalavinka Music)/HoboBrazil(From TOKYO)

OPEN:19:00 / START:19:3
adv:3800円 当日4500円(共に別途要1drink代)
*プレイガイドチケットぴあ【0570-02-9999 /Pコード:216-303】

【Organic Groove~Our True Calling~ feat. Antibalas】

2013年12月15日(日)東京都 UNIT / UNICE / SALOON

【出演者】
UNIT
Antibalas / (仮)ALBATRUS / 七尾旅人

UNICE
Reggaelation IndependAnce / JariBu Afrobeat Arkestra / Naoki Ienaga(Dub Store Records)

Saloon
MOODMAN / DJ NORI / Shhhhh

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング