土岐麻子 meets Schroeder-Headz、“お!も!て!な!し!”ツアーが大盛況のうちに終了

okmusic UP's / 2013年12月11日 14時0分

12月10日(火)@ビルボードライブ東京 (okmusic UP's)

土岐麻子が12月10日(火)ビルボードライブ東京にて「す!ば!ら!し!い! Toki Asako meets Schroeder-Headz お!も!て!な!し!」と題された東名阪ツアーのファイナル公演を行なった。

【その他の画像】土岐麻子

年末恒例となっている土岐のライヴハウスツアーだが、今回は土岐麻子としてのライヴではなく、キーボード奏者 渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクト「Schroeder-Headz(シュローダー・ヘッズ)」とのコラボレーションライヴであり、“土岐麻子 meets Schroeder-Headz"名義によるもの。渡辺シュンスケは、数多くの著名アーティストのサポートをつとめる売れっ子ミュージシャンであり、過去何度も土岐のレコーディングやライヴへ参加している。当初 “土岐麻子 meets Schroeder-Headz" は、今年の夏のJAZZフェスティバル出演時にイベント用に組まれたコラボレーション・ユニットだったが、ライヴを重ねる内に2人とも想像以上の手ごたえを感じ、今回のツアーを実施するに至った。

「今日は土岐麻子のライヴでもなく、Schroeder-Headzのライヴでもありません。“土岐麻子 meets Schroeder-Headz" として普段出来ないことをやってみたいと思います。」と土岐が語り、最新アルバム「HEARTBREAKIN'」からの楽曲を中心に、Schroeder-Headzのリリースしたばかりの新曲「Sleepin' Bird」など、それぞれのオリジナル曲を新しいアレンジのスペシャル・バージョンとして披露。渡辺は普段サポートミュージシャンとしてシンガーを引き立てる役目に徹することが多いが、今回は土岐麻子とSchroeder-Headzのメンバーが対等に個性をぶつけあうコンセプトの元、「声」と「楽器」が華麗に、時には過激に、JAZZYなアドリブとインタープレイを繰り広げた。アンコールで披露した「(土岐と渡辺が)同世代ならではのカバー曲を選んでみました」と語るブレッド&バターの「ピンク・シャドウ」やスタンダードなクリスマスソング「Christmastime is Here」などのカバー曲も含め全13曲、今回だけの貴重なスペシャル・パフォーマンスで集まった観客を魅了した。

中盤、真っ赤なチャイナドレスに身を包んだ土岐は「この歌詞にちなんで今回の衣装を用意しました」と語り、ライヴを重ねる中で渡辺が作曲し、土岐が作詞した「杏仁ガール ~Far Eastern Tale~」という完成したばかりの新曲を初披露。80年代の日本のシティポップが大好きという2人の手による「実在するようなしないような異国の街角で、杏仁豆腐を売っている女の子に旅人が一目ぼれをする」というオリエンタル・ムードたっぷりなこの楽曲に、初めて耳にした観客からは一際大きな拍手と歓声が上がった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング